かっこいいスーツ姿の着方は正しいサイズ感と着方のサンプル選びです

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > かっこいいスーツ姿の着方は正しいサイズ感と着方のサンプル選び

男にはかっこいいスーツの着方が必要だ!

男のスーツ姿をかっこいいと思わせる着方があります。 そのポイントは、正しく着こなせることとかっこいいと思えるサンプルを探すことです。 ご自分が目指したいかっこいいスーツ姿には、俳優の方、企業の方、芸能界の方、など多くのサンプルとなる着方があります。ここでは、サンプルとなる着方のノウハウをお教えします。

かっこいいスーツの着こなす方法は?

基本的な着方について

ジャケットは、正しいサイズ感のものが必要です。
肩幅とジャケットの方の位置がフィットしていること、ジャケットの上ボタンを閉めた状態でウエストの余裕が握りこぶし一つぐらいであること、腕を下げた状態で、ジャケットの袖口から1~1.5cm程度シャツの袖口が出ていること、ジャケットの着丈はヒップの隠れ具合がちょうどいいこと、などが挙げられます。
パンツは種類によって異なりますが、ビジネスで多く使用されるハーフクッションで靴の甲が裾に触れる程度の長さであることが必要です。また、しっかりとした折り目があることです。ワイシャツは、首回り・袖丈・肩幅・着丈が適度なサイズ感であることが大切です。これらを満足したスーツの着方がかっこいい状態となります。

いろいろなシーンでの着方のサンプル

今、はやりの細身のスーツは、モノトーンの細身のネクタイと襟の開きも細身で統一されたものがあります。
ダークカラーのスーツに同色系統のネクタイをコーディネートし胸元にポケットーチーフをあしらったスーツは、洗練された雰囲気が漂う着方です。
ネイビーのスーツにブラウン系統のネクタイの組み合わせは、青色と赤色といった反対色を組み合わせることで、落ち着いた雰囲気を醸し出す着方です。
明るいネイビー系統のスーツに濃いネイビーのネクタといった同系色の組み合わせによってバランスの取れた着方ができます。

スーツをうまく着こなすことでかっこいい感じが出てくる

スーツ姿をかっこいいものに見せる着方は、まず、正しいサイズ感のスーツを選びことが必要です。
そのうえで、いろいろな人が着こなしているサンプルを見本として、自分がどういったかっこよさを演出したいかをイメージして、作り上げていくことが必要です。