オーダースーツの短納期実現はオンライン化がポイントとなります

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツの短納期実現はオンライン化がポイント

お待たせしません!オーダースーツ最速の納期で

オーダースーツは、300を超える工程にまたがって作られるもので、仕上がりまでには1~2か月程度の時間がかかります。
ハンドメイドのためにその程度の納期がかかっていましたが、採寸・生地・柄・仕立てなどの受注情報を店舗から工房へのオンライン化により工程管理の徹底化を図り、プロセスの最短化を目指して実現しています。

高品質のオーダースーツを最短納期でお納めします

高品質のオーダースーツの仕様

伝統の技術や細やかな配慮の実現を標準装備として提供して最短納期で納めています。主な内容として、AMFステッチ・袖口本開き・ボタンの高級天然素材の使用・お台場仕立て・胸ポケットバルカ仕様・上襟裏髭折り返し・D管仕様・尻シック・Vスリット・ベルトステイループなどがあります。
AMFステッチ・袖口本開きは、手抜きのない高品質には不可欠な仕立てで、ボタンは水牛の角やヤシの実の素材により高級感を演出します。
お台場仕立て・胸ポケットバルカ仕様・上襟裏髭折り返し・D管仕様はいずれも手間がかかる仕立てです。
尻シック・Vスリットは耐久性や運動性を持たせるための職人こだわりの部分です。
ベルトステイループは、バックルの位置ずれ防止となっています。

オーダースーツとして3週間の納期で仕上げる工程

裁断・くせ取り・上襟組み立て・袖付け・裏地閉じなどがあります。裁断は、生地の特性や柄により職人が型入れを行い手作業で裁断していきます。
くせ取りは、ひじやひざや尻の部分などの曲線となる部分は、アイロンをかけることで生地を曲げるくせ取りという作業を行い、フィット感を出します。上襟組み立ては、スーツの首回りの上襟にアイロンをかけることで添わせる作業です。着心地のポイントとなります。
袖付けは、腕の動きをスムーズにできるようにいせ込みを行い、着用感を満足します。
裏地閉じは、後ろからの美しいシルエットを保つポイントとなる作業です。

オーダースーツのプロセスを最短化し最短納期で提供

オーダースーツの注文から仕上がりまでのプロセスは、要望・アプリでのシミュレーション・生地選び・8種類のモデル・100万通りのバリエーション選び・ディテール選び・出来上がりのイメージを画像でチェックというプロセスで管理し、手戻りのない形で工房に引き継ぎ、仕上げるという工程管理の徹底から、オーダースーツを3週間という短納期で仕上げることができます。