毎日同じスーツを着続けてはどうしてだめなのでしょうか?

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 毎日同じスーツを着続けてはどうしてだめなのでしょうか?

社会人としての評価に直結するスーツの数

社会人は、スーツを何着持っておくべきなのでしょうか?ビジネスにおいて背広は必需品ですし、ビジネスシーン以外でも背広を着る機会は意外に多いです。毎日同じ背広を着ていては、だめです。マナーを守れていない社会人として、周囲の評価が低くなってしまう可能性があります。

社会人なら通年で背広は6着

社会人なら最低3着

毎日スーツを着用する社会人は3~5着程度の背広を持っておくようにしましょう。ローテーションさせつつ、着るためです。毎日同じ背広を着ていると、生地が傷みやすくなり、早い段階でだめになってしまいます。1日使用する度に、背広は休ませるようにしてください。回復するため、寿命が延びます。背広の数が多いほうが、長い目で見ればコスパは良くなるのです。毎日同じ背広を着続けた結果、ヨレヨレの服装になったり、不潔な雰囲気を漂わせたりしたら、周りから「だめな人物」として認定されてしまいかねません。逆にカラーやデザインの異なる背広を状況に応じて使い分けるビジネスマンは、周囲からの評価が高くなります。

季節ごとの背広の数

スーツには、大きく分けて「春夏もの」と「秋冬もの」があります。着心地が全く違いますし、見た目もそれぞれのシーズンに相応しいデザインに仕上がっています。そのため「春夏もの」を3着、「秋冬もの」を3着、通年で計6着の背広を揃えるようにしてください。1年中着られる「オールシーズンもの」も存在しますが、「季節もの」の背広のほうが厳しい気候の時期を快適に過ごせます。ちなみにシャツに関しては「春夏」と「秋冬」で最低5着ずつ、通年で10着は準備しておきましょう。

ここぞという時の「勝負スーツ」

毎日同じスーツを着続けるのは勿論だめですが、複数の背広を上手に着回すだけでは足りないものがあります。それは「勝負服」です。通常着回している背広とは別に、「勝負のための背広」を用意しておけば、ここぞという場面で着用できます。気合いの入り方が違いますし、強い印象を相手に与えることも可能です。「勝負のための背広」には、身体にピッタリと合ったオーダーメイドをお勧めいたします。