オーダースーツを作る時には、ぴったりサイズのスーツがポイントです

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツを作る時には、ぴったりサイズのスーツがポイント

オーダースーツのおしゃれのポイントはズバリ!サイズ

オーダースーツを軽やかに着こなしている男性はかっこいいですよね。似合っているスーツ姿を見て周りから仕事ができそうといった評判が高くなります。似合っているオーダースーツのポイントは、サイズです。
ここでは、需要ポイントであるサイズの見極め方を紹介していきます。

オーダースーツが似合う決め手はサイズの見極めが重要です

オーダースーツの似合う決め手であるサイズの要素

肩幅・チェスト・着丈・パンツの要素があります。

肩幅のサイズ

狭いと肩の周りにしわができてしまい窮屈感が出てしまいます。肩幅が広すぎると、肩が落ちてだらしなく感じてしまいます。
一番いいのは、肩幅に1cm程度広くすることでゆとりが出てきます。

チェスト(胸回り)のサイズ

チェストが小さすぎるとスーツのボタンを閉めたときにしわが寄ってスーツに縛られているような感じとなり、チェストが大きすぎるとダボっとした感じでパッとしない印象となりますので、ちょうどよいサイズを選びます。

着丈

着こなしに大きな影響を及ぼします。短すぎると後ろから見るとヒップがまる見えで不自然な感じとなり、着丈が長すぎると足の長さが短く見えます。着丈の長さのポイントは、両腕を下ろし、すその端が手のひらにかかるぐらいになるようにします。

パンツ

足の太さ・ヒップのサイズ・裾丈の3つのポイントがあります。
足の太さは、細身は若い人が着ると似合いますが、中高年では貧相でビジネスマンには似合いません。逆に太いと中高年では年相応にみられますが、若い人が着ると若々しさがスポイルされます。
ヒップのサイズは、横状のしわが多くなるので、U字のたるみが出ないようなサイズを選びます。裾丈は、短いとだらしない感じとみられます。
長すぎると締まりなくみられて、また裾がすれてパンツの寿命が短くなります。
一番いい裾丈は、まっすぐ立った時に靴の上部に裾が触れる程度の長さです。

オーダースーツが似合う男性はサイズ感が抜群

オーダースーツが似合う決め手としては、サイズが体に合っているかということが最重要ポイントになります。
ぴったりとしたサイズのオーダースーツを着ると、ビジネスマンとして、相手に好印象を与えることができ、商談にも好都合です。
チェっとしたサイズのずれで印象が大きく変わりますので、オーダースーツを作られるときには、サイズのポイントをしっかりとチェックして作ることが必要です。