グレースーツの上手な着こなしテクニック

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > グレースーツの上手な着こなしテクニック

グレースーツの上手な着こなしテクニック

グレースーツはブラックやネイビーなどのカラーと違い、様々な色に合わせやすくコーディネートしやすい特徴があります。しかしあまり着慣れていない方にとって、着こなしが難しく感じるかもしれません。そこで、上手に着こなすためのテクニックをいくつか紹介します。

相性の良いシャツを合わせる

グレースーツは様々な色に合わせられます。上手に着こなすよう意識しなくても、シャツの柄でアレンジを加えるだけで雰囲気を大きく変えられます。例えば、シンプルにしたい場合にはジャケットとシャツのどちらも無地にすると良いです。

シャツが白ならシンプル目なイメージで、ブルーにしたら爽やかな印象を与えられます。初心者からすると難しく感じるかもしれませんが、ピンクやパープルなどのカラーは一気にオシャレな印象を強められます。

また、スーツがストライプなどの柄が入っている場合シャツは無地にしておき、逆にスーツが無地の場合はシャツに柄物を使ってアクセントにしてみると良いでしょう。ジャケットを一枚しか持っていないのであれば、シャツの柄やカラーでアレンジを加えて、上手に着こなしていきましょう。

足元をオシャレにコーディネート

グレースーツというだけでもオシャレな雰囲気が漂っていますが、スーツ姿に大切なのは足元、つまりシューズです。特にグレースーツは上半身で印象を強めている特徴がありますので、足元はやや落ち着いたデザインで仕上げる方が無難です。

ソックスはスーツのカラーに合わせておきたいので、例えばチャコールグレーの場合、ソックスは黒寄りのグレーですと相性が良いです。柄物のソックスは控えておいた方が無難ではありますが、もし履く場合にはあまり派手ではない柄を選びましょう。

また、シューズとは違いますが、グレーのスーツを着る場合、バッグの色も意識しておきたい部分です。基本的にシューズとカラーを合わせると相性が良いというのが基本テクニックですが、カジュアルなシーンであればブラウンのバッグなどアレンジを加えてみるのも面白いでしょう。

印象の異なるスーツ

グレーのスーツとは言っても、微妙な色合いの違いによって、相手に与える印象は大きく変わります。濃い目のグレーはチャコールグレーとも言い落ち着いた雰囲気があります。ライトグレーはモダンな印象があり、明るいソフトなグレーになっていくにつれて、相手に与える印象も明るく爽やかなものになっていきます。

そして、生地によって光沢であったり質感が変わってきたりします。柄に関しては無地もシンプルでオシャレではありますが、ストライプやチェックなどの柄物は、コーディネートが上手ですとオシャレに着こなしている印象がより強まるでしょう。

スーツの中でもグレーカラーはオシャレさが強い傾向があり、ビジネスシーンに合わせるのは少々気が引けてしまうかもしれませんが、もちろん着こなしによってはビジネスにおいても着用可能です。しかしその場合には出来るだけ控えめなデザインでまとめる方が望ましいでしょう。

まとめ

グレースーツはブラックスーツよりもカジュアルで様々な色のシャツに合わせやすい特徴があります。また、ブラックよりも爽やかな印象が強く、夏場のコーディネートと相性が良いスーツでもあるでしょう。
ストライプやチェックなどの柄物のシャツと合わせやすく、ビジネスシーンはもちろん、カジュアルな場面においても活用しやすいタイプです。明るい印象を与えたいという方は、一枚でも持っておくとコーディネートの幅が広がるでしょう。