就活時は企業の社風や考え方を理解し清潔感のある服装が大切です。

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 就活時は企業の社風や考え方を理解し清潔感のある服装が大切

就活時の服装って何を着ていきますか?

就活時の服装は、皆さんどのように考えていますか。
基本的にはリクルートスーツというジャンルがあるのでそれに従う場合が多いと思いますが、私服を指定する企業や服装自由をうたう企業を訪問する場合にはどのような服装が良いのでしょうか、考えてみましょう。

就活時の服装のマナーとは

就活時の服装の指定がある場合

就活時の服装がスーツ着用と指定されている場合には、リクルートスーツが無難ですが、紺やグレーのスーツを着ていても問題はありません。
金融機関や地方自治体などではリクルートスーツの着用の方が好まれる傾向にあります。
企業の中には、私服を指定する場合があります。
これは企業側が肩を張らずに訪問してほしいという意図からやファッション業界などは服装のセンスが見たいと考えている場合と二つの考え方があります。
肩を張らずに訪問してほしいという場合には、ジーパンやTシャツで訪問するというのは避け、ビジネスカジュアルといわれている、スラックスやタイトスカートの上からジャケットを羽織った服装にする方が良いでしょう。
本人の服装のセンスが見たいという場合には、その企業が自分に何を求めているのかよく考えた服装を着用するようにします。

就活時の服装の指定がない場合

服装自由と書いている場合に着ていく服装としては、リクルートスーツでなくてもスーツまたはビジネスカジュアルで訪問するのが良いでしょう。

就活時の服装で押さえておくポイント

就活時の服装に指定の有る無しがありますが、服装で押さえておくポイントとしては、清潔感を保つことです。担当者に好印象を与えることができます。
また、企業の社風や考え方をよく理解して、どのような服装が一番効果的かを見極めることが大切です。

就活時に着る服装の注意点

就活時に着る服装についての注意点として、服装の指定がある場合にはその指定に必ず従うことです。
服装の指定がない場合には、リクルートスーツあるいはビジネスカジュアルの服装が良いでしょう。
就活時の服装として抑えておくポイントとしては、清潔感が保つ服装であること、企業の社風や考え方に合った服装であることが大切です。