裏地で変わる!スーツの着心地とオシャレな身だしなみとは

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 裏地で変わる!スーツの着心地とオシャレな身だしなみとは

裏地で変わる!スーツの着心地とオシャレな身だしなみとは

ビジネスシーンでは見た目が人の印象を大きく変えます。そのためにも、スーツは慎重に検討することが、ビジネスマンのイメージを左右するのが特徴です。基本的に、スーツは表地によって雰囲気が決まりますが、裏地も印象を決める上では重要な要素になることをご存知でしょうか。

今回は、スーツの裏地によって、着心地やオシャレは変わるのか、詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

スーツの印象は裏地で決まる

基本的にスーツの裏地は、常に見えている物ではありません。ただ裏地の内容によって、スーツの印象は大きく変わります。

裏地には、表地と同じように様々な種類があり、柄でいうとストライプや格子柄、チェック柄、ドット柄と多岐にわたるため、どんな柄にするのかだけでも、スーツの雰囲気を変えることが可能です。

基本的な合わせ方として、ビジネスシーンでは、同系統色やグレー、ベージュなどが無難と言われています。そこに、遊び心として柄を取り入れることで、オシャレな印象を与えることが可能です。

ふとした動きが生じた時に、裏地が見えることがあるので、さりげないオシャレとして裏地の色や柄を取り入れると、明るい印象を与えることができます。

スーツは裏地によって着心地が変わる?

裏地の本来の役割としては、摩擦を軽くすることが目的です。スーツを脱ぐ時や着る時に、スーツのダメージを最小限にすることができるので、長期的な利用が可能となります。

主に裏地に使用される素材は、「ポリエステル」や「キュプラ」といったものです。合成繊維や天然繊維、再生繊維などの種類も様々あり、それぞれで特性が異なります。

その中でもキュプラは、吸湿性や通気性、静電気の起こりにくさなどが特徴で、裏地に採用することで、快適な着心地を実現することが可能です。

ポリエステルについては、シワになりにくく、すぐに乾くのが特徴になります。さらに上部で、質感がサラサラとしているのが魅力です。

このように、裏地の素材が異なるだけでも、着心地に違いが出るので、スーツを選ぶ上では裏地の素材を慎重に決めることが、理想的な着心地を実現するために大切になります。

基本的にスーツは裏地がついている

基本的に、ビジネスシーンで活用するスーツには裏地がついています。裏地がない物は、完全にカジュアルな雰囲気になることから、オフィスカジュアルのジャケットには適用されていますが、ビジネススーツには適用されていません。

ビジネススーツに必ず裏地がついている理由としては、裏地があることで肩パッドを隠し、生地が重なっていることで、丈夫で長持ちさせる効果が期待できるためです。

基本スタイルのスーツは、「総裏」と呼ばれ、全体的に裏地がついていることが主流になっています。ただ総裏は保温性が高く、熱がこもってしまうのが難点です。

そのため、夏用のスーツには「半裏」と呼ばれる一部に裏地が使用されている物が適用されています。裏地を取り払うことで、通気性をよくし、暑い日でも快適に過ごすことが目的で開発されているのが特徴です。

他にも「背抜き」と呼ばれる、背中の部分の裏地がなく、通気性のいいタイプもあります。裏地のタイプについても、様々な種類が用意されているので、自分の好みの裏地のタイプを見つけて、快適なスーツの着心地を体験していきましょう。

まとめ

ビジネススーツには基本的についている裏地は、柄や色を取り入れることで、さりげないオシャレとして活用することができます。

素材によっては裏地の特性が異なり、通気性やシワになりにくい特徴など、自分の好みに合わせて選ぶことが可能です。

裏地のタイプによって着心地も変わることから、長時間スーツを着用するビジネスマンとしては、スーツを購入する上で裏地について理解しておくことが重要になります。

今回紹介した裏地の特徴を参考に、理想的な着心地やオシャレを楽しんでみてください。