これで失敗しない!スーツの正しい選び方

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > これで失敗しない!スーツの正しい選び方

これで失敗しない!スーツの正しい選び方

これから仕事で使う、冠婚葬祭用に用意しておきたいなど、スーツは様々な理由で用意されるかと思います。決して安い買い物ではありませんので、失敗しない選び方を覚えておくべきです。選ぶ時に覚えておきたいポイントをいくつか紹介していきます。

仕事用なら抑え気味に

ビジネスで使われるスーツを購入する場合、なるべく派手にせず抑え気味なものにするのがおすすめです。例えば、出来る人はストライプのような柄物を着ている印象がありますが、ビジネスシーンでは必ずしも良い印象を与えるとは限りません。特に若手の場合には無地にしておく方が無難とも言えます。

カラーに関しても、ビジネスシーンとカジュアルシーンでしっかり区別する事が大切です。地味な色はビジネスシーンで失敗する事はありませんが、カジュアルシーンに着ていくと場に合いませんし、その逆も言えます。どのようなデザインで着用するにしましても、TPOに合わせる事が肝心です。

そのため、選び方としてはまずどういう目的で着るのかを明確にしましょう。何目的で着るのか決まっていないという事はほとんどない事と思われますが、ビジネスシーンで着用する可能性が少しでもあれば、暗めのデザインで選ばれる事をおすすめします。

オーダーで理想の一着を手に入れる

多くの方は既製品の中から選ばれる事がほとんどかと思いますが、理想の一着を手に入れたい場合、オーダースーツがおすすめです。オーダーする利点として、一つは体型にフィットするサイズで作れるからです。

基本的にプロに相談して仕立てていきますが、その時に何目的で着用するのか伝えましょう。その時、例えば冠婚葬祭用であれば少しでも長く持つようにしたいため、ゆったり目のシルエットであったり、ダブルデザインであったりと、プロが提案してくれるため失敗しづらくなります。

オーダーする場合、素材やデザインも自分で選べます。自由度が高いのはメリットである一方で、選び方が分からないから不安という事もあるでしょう。しかし選び方は知らなくても問題ありません。大切なのはどういう風に着ていきたい、どういうデザインにしたいのかという事を、ふんわりとしたイメージでも良いので伝える事です。イメージを伝えれば、より理想に近い形に近づけてくれます。

生地と予算を決める

スーツの選び方で、生地と予算をじっくり検討するのも失敗しない事に大切です。まず生地について、大きく分けると夏用か冬用かを考えます。年中通して着たいと考えられる人もいるかもしれませんが、季節に合わせないと着心地が悪くなりますし、何より年中着ていると痛むのが早くなります。どの季節に着るかは前もって決めておきます。

そして、予算をあらかじめ決めておく事も、失敗しない選び方のポイントです。お金をかければかけるほど良いというものではありません。ビジネスシーンで着る場合、できれば強度が高く長持ちするものの方が良いです。そうした場合、着心地の良さばかり追求してお金をかけるのではなく、強度という部分に着目して選ばれるのも大切です。

どのような選び方をするのももちろん自由ですが、大切なのは実際に着ている自分をイメージする事です。着ているイメージができれば、何が必要で何がいらないのか、選び方も変わってくるでしょう。

まとめ

正しいスーツの選び方を知っているかどうかで、成功するか失敗するかが大きく変わってきます。特にオーダメイドで作る時は、既製品を買う時よりもお金がかかりますので、より慎重に選ばなければならないでしょう。
難しく考える必要はなく、大切なのは着用する目的を明確にする事です。目的さえ明確であれば、大きく外れたものを買ってしまう心配はほとんどありません。そこから予算やデザインなど、その他の部分をじっくり検討していきましょう。