オーダースーツの購入検討はどのくらいの役職から始めるべきか

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツを役職の高い方が身にまとう際に気を付けるべき点

スーツのグレードは役職に相応しいものを

ビジネスマンには役職に応じた振る舞いや装いが求められます。組織における立ち位置と比較してグレードが落ちるスーツを着ていると、周囲やビジネス相手を失望させてしまう可能性があります。オーダースーツはご自身の役職に相応しいものを着用するようにしましょう。

高い役職に就いている方が着るべきスーツ

組織における立場とスーツの価格

役職によって、どのくらいの価格帯のスーツを購入しているか、その参考例を挙げてみます。年収300万円ほどの新入社員だとスーツはまず数を揃えることが前提で、質は2の次になってしまうようです。取りあえず購入の際は手持ちにはない柄や色の3万円程度のスーツを選ぶ傾向が強いです。年収300~500万円の平社員は、スーツを見る目が肥えてきますので5万円クラスまで視野に入ってきます。オーダースーツを検討しはじめるのもこの頃です。年収600~800万円の課長クラスになると7万円前後のスーツで、見た目だけで無く品質も重視するようになります。スーツ選びの大きな境目となるのが年収800万以上の部長クラスです。スーツの価格も10万円から20万円台になり、オーダーメイドでこだわりのスーツを揃える方が多くなります。年収1000万以上の社長・役員クラスになると厳選したブランドのオーダーメイドを身にまとうようになります。スーツの価格も30万円を超えるケースが出てきます。

スーツの素材と生地

オーダースーツを作るのなら、生地や素材についてもこだわりたいものです。例えば安いスーツだと、素材はポリエステルとウールが半々で生地は中国製などといったケースが多いです。これが3万円前後のスーツになるとウール100%の素材が増えてきます。良いスーツならウール100%は基本です。生地も国産や高級インポート生地になります。組織で高い役職に就く方は、生地や素材もグレードの高いものを使用したスーツを着るようにしましょう。

オーダースーツにお勧めの生地

オーダースーツの生地でお勧めなのが国産・イギリス産・イタリア産です。国産は品質の良さ、イギリス産は耐久性の高さとザラザラした独特の手触り、イタリア産は艶と柔らかな肌触りが魅力です。生地の価格は、繊維の質と細さによって決まってきます。繊維が細いほど値段が上がり、生地としての高級度を増していきますが、あまりにも繊維が細いと耐久性が低くなるため注意してください。