オーダースーツは価格が高い?3つの選択別価格相場を網羅

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツは価格が高い?3つの選択別価格相場を網羅

オーダースーツは価格が高い?3つの選択別価格相場を網羅

既製品よりもフィット感やデザインをより満足なものにできるオーダースーツは毎日スーツを着るビジネスマンにとって購入したいと思うでしょう。しかし、価格の高さがネックで購入を断念する場合もあるはずです。オーダースーツの価格はピンキリで既製品と同程度での購入も可能です。価格相場を知り、自分の経済状況で購入できるかを判断していきましょう。

オーダースーツの種類によって異なる価格

一口にオーダースーツといってもフルオーダー、パターンオーダー、イージーオーダーの3つの種類から選択することになります。どの種類を選択するかによって価格は異なるのが注目点です。フルオーダーは価格が最も高くなるものの、すべてにおいてカスタマイズして細部までこだわって仕上がり場合に適しています。パターンオーダーは既成の型紙を元にしてスーツを作っていく方法で、比較的リーズナブルな価格で作れるのが魅力的です。イージーオーダーは自分のイメージに近い型紙のなかから選択し、サイズやデザインを選んで仕上げる方法です。パターンオーダート同じくフルオーダーよりも価格がリーズナブルで着心地のよさを求める場合に適しています。

オーダースーツを作るにあたっての価格が気になる場合は無理にフルオーダーを選択するのではなく、パターンオーダーやイージーオーダーを選択するのがよいでしょう。どれだけ仕上がりにこだわるかによって選択は変えていくのが基本であり、コストパフォーマンスに優れた選択にもつながります。

選択別オーダースーツの価格相場

フルオーダーの場合は1着で20万円~100万円と価格差が大きいです。サイズ感やデザインなどの細かい修正にも対応しており、より理想的な1着となります。使われる生地はイタリア製やイギリス製の高級インポート生地です。パターンオーダーは2万円~5万円前後と既製品と変わらない価格で作ることができます。工場での大量生産が可能であるからこそ、コストを抑えられるのが特徴です。また、使われる生地はウールとポリエステルの混紡が多いです。体型が標準サイズであり、特別なこだわりがない場合におすすめの選択となります。

イージーオーダーは5万円~20万円前後の価格であり、生地やデザインを自分好みにしたい場合に適しています。使われる生地はシルクの入った光沢素材、国産のウール100%、ストレッチ素材です。機能性に優れ、高級感を感じられる素材を選択できます。

大まかな方針を決めてオーダースーツを作る

オーダースーツを作るにあたってはまず大まかな方針を決めるのが肝心です。どれだけの予算をかけられるか個人差があるため、どこまでこだわるべきかを決めておくのがよいでしょう。使う生地や素材、仕立てのよさなど考慮すべき点はたくさんあります。すべてこだわる場合はとことんお金をかけないといけません。

何を優先して何を妥協すべきかの指針があれば予算オーバーとなることもなく、自分の納得できるオーバーを進められるものです。多くの方はフルオーダーでないと作れないと思っているものの、パターンオーダーやイージーオーダーを選択する方法もあります。予算に応じて適切な選択を心がければ、お気に入りの1着を作れるはずです。

まとめ

オーダースーツは価格が高いというイメージはすべてにおいてこだわるフルオーダーの場合です。パターンオーダーは既製品と同程度の価格で、イージーオーダーも妥協する部分を決めれば価格は既製品よりも少し上乗せされるだけです。何を優先して何を妥協すべきかの指針に沿っての選択をしていくのが基本となります。自分の経済状況から考えてどの選択をするのが正しいか考慮し、お気に入りの1着を作ってみてはいかがでしょうか。