好印象を抱かれるブラックフォーマルのポイントについて

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 好印象を抱かれるブラックフォーマルのポイントについて

好印象を抱かれるブラックフォーマルのポイントについて

ビジネスシーンで見かけることも少なくないブラックスーツは使い勝手のよいオシャレなアイテムであるものの、礼服とひとまとめにしてしまっているビジネスマンも少なくありません。礼服用とビジネス用ではそれぞれ用途が異なります。ビジネスシーンで好印象を抱かれるブラックフォーマルにはどういったポイントがあるのでしょうか。ワイシャツ、ネクタイ、靴といったさまざまなポイントからひも解いていきます。

礼服感が漂うのはNG

ビジネスシーンにおけるブラックフォーマルで好印象を抱かれる基本はフォーマルな印象が強すぎず、リクルートスーツのような雰囲気にならないようにすることです。ポイントはどういった色柄を選択するかとなります。ブラックスーツに合うワイシャツの色は白や薄いブルーです。ネクタイはワインレッドやレジメンタルストライプを合わせると一気にクールにまとまります。靴は黒のシューズを合わせるのが無難であり、オシャレ感を出したい場合は濃いめのブラウンを選択するのもひとつの方法です。ベルトも靴と合わせた同色を選択するのがよいでしょう。

ビジネスマンらしいスタイルに仕上げるためには白のワイシャツとレジメンタルストライプのネクタイを組み合わせるのが定番です。流行に左右されることもなく、長期的に着用ができるのも魅力的です。カジュアル感が漂うスタイルはっちりしすぎない着こなしを心がけることが大切となります。ネクタイをネイビーのドット柄にし、裾の仕上げもダブルにすればカジュアルめに仕上がります。礼服との違いを認識したうえでコーディネーターすれば好印象を抱かれる理由となるものです。

サイズと季節感に問題ないかをチェック

ブラックフォーマルで好印象を抱かれる要因のひとつがサイズです。シルエットが大きすぎる、あるいはピチピチであるとみっともない姿に映ってしまいます。だらしない印象を与えてしまうブラックフォーマルは意味をなさないからこそ、好印象を抱かれるためにも試着をしてサイズに問題ないかをチェックする必要があります。季節感においても同様に好印象を抱かれるための注目すべき要素となります。

ブラックスーツには夏物と冬物があるものの、1着しか持っていないビジネスマンも少なくありません。どちらも同じと考えるのではなく、相手からどういった印象を抱かれるかを考えたうえでの選択をするのが望ましいです。カジュアルな服装は自分の好みを優先し、フォーマルな服装は周りとできるだけ同じにするのがマナーとなります。

ブラックフォーマルは上手に着こなせばカッコよく仕上がる

ブラックフォーマルはどう着こなすかがポイントになります。上手に着こなせばビジネスマナーに反することなく、カッコよく仕上げられます。赤のネクタイで力強い印象を与える方法もあれば、誠実さをアピールしたい場合は青のネクタイを合わせるのがよいでしょう。遊び心を優先する場合はチェックシャツを選択するのも効果的です。

シャツだけ白くし、ほかはすべて黒でコーディネーターすればスタイリッシュなスタイリングとなります。男らしい印象を与えるにはすべてブラックでまとめる方法もないわけではありません。ブラックスーツはシンプルなだけにセンスが試されるため、専門店でオーダーメイドしてもらうのが確実です。

まとめ

好印象を抱かれるブラックフォーマルのポイントは礼服感が漂わないことです。さらに、ワイシャツ、ネクタイ、靴といったアイテムの色合いも注目すべき要素となります。サイズと季節感がないかも合わせてチェックし、上手に着こなすために専門店でオーダーメイドしてもらう方法も視野に入れた方がよいでしょう。ビジネスシーンで好印象を抱かれるブラックフォーマルを意識すれば、マナー違反とはなりません。