オーダースーツをかっこいいスーツとして着る着方がポイントです。

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツをかっこいいスーツとして着る着方のポイント

かっこいいスーツとなるような着方は?

体にフィットしたオーダースーツを作っても、かっこいいスーツとしての着方をしないと宝の持ち腐れになります。
ここではオーダースーツだけでなく、シャツやネクタイも含めてかっこいいスーツとして上手に着る着方をお伝えします。

オーダースーツをかっこいいスーツとして着る着方のノウハウ

ジャケットの着方

オーダースーツで作ったジャケットの前ボタンは第一ボタンのみを留め、座る時にはシワができてしまうのでボタンをはずします。ポケットのふたは屋外での雨よけやほこりよけとなっているので屋内では中に入れます。
型崩れするのでポケットにはできるだけ物を入れないようにすることでかっこいいスーツとなります。

スラックスの着方

スラックスのウエストの位置はおへそから少し下の位置にあわせ、センタープレスは足が長く見せることができる効果があるので、きれいにセンタープレスがでるようにお手入れを行うようにします。

ワイシャツの選び方・着方

オーダースーツに合うシャツは、肩幅・首回り・裄丈・着丈の正しいサイズでフィット感が大切です。
また、色柄にも注意し、ビジネスで使用する場合には、シャツの色は白・水色で襟の形はレギュラーもしくはワイドのものを使用します。

ネクタイの選び方・着方

ネクタイは、オーダースーツに合わせてラペルと同じ幅のものを選びます。
ネクタイを閉めたときに大剣がベルトにかかる程度の長さがかっこいいスーツに見える目安です。

靴の選び方・着方

ビジネスシーンで使用する場合には、革靴として色は黒色で、種類はストレートチップあるいはプレーントゥが定番となっています。

オーダースーツをかっこいいスーツとしての着方はトータルコーディネートが大切

作ったオーダースーツをかっこいいスーツとして着る着方は、ジャケットやスラックスだけでなくワイシャツやネクタイや靴も含めたトータルコーディネートが必要です。
ここの着方はもちろんですが、オーダースーツにあったワイシャツの色や柄の選び方、ジャケットのラペルにあったネクタイ幅の選び方、靴の色や種類などといった頭の先から足元までトータルでの着方をマスターすると周りの人にかっこいいスーツとして認知してもらえます。