オーダースーツを立体的で長持ちする状態に仕上げてくれる国内縫製

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツの品質に安心したいなら国内縫製がお勧め

工場縫製するスーツ

オーダースーツには、基本的にパターンオーダー・イージーオーダー・フルオーダーの3種類があります。
このうちフルオーダーは職人による手縫いですが、パターンオーダーやイージーオーダーは多くの場合、工場縫製です。
中国やベトナムなど海外の工場で縫製するブランドがある一方、国内縫製にこだわっているブランドも少なくありません。

スーツを国内縫製することのメリット

スーツの原産国とは?

オーダースーツの価値を決めるのは生地と仕立てですが、スーツの原産国とは「スーツの縫製が行われた国」を指します。つまりイギリスやイタリアの生地を日本の工場でスーツに仕立てた場合は、日本産のスーツになる訳です。
逆に日本の生地を中国の工場で縫製すると、中国産になります。また原産国はあくまで「商品の実質的な部分の変更を行った国」ですので、中国で作られたスーツが日本に送られてきてボタン付けなどの最終仕上げをしたとしても、その商品は日本産にはなりません。

海外産と国内産のスーツの違い

オーダースーツを中国などの海外で縫製するメリットは価格を抑えられることです。
一方で国内縫製のメリットは品質の安定にあります。
日本の工場で縫製されたスーツは、ポケットや裏地、ボタン付けなど細かい部分までシッカリした仕上げになっています。
ハンガーに吊すと、その立体感が良く分かるでしょう。
襟もフンワリしていますし、腕がだらしなく垂れ下がったりせずに前方に回ってきます。
肩のラインも美しいです。
また日本産のスーツは丈夫で、耐久性にも優れています。
日本国内の直営工場や協力工場でスーツを縫製することによって、商品の質を保証している国内スーツブランドは少なくありません。
そのようなブランドでは、国産の生地の他にイタリアやイギリスの高級ブランド生地を輸入して国内縫製しているケースも多いです。

国内縫製にこだわっているスーツブランド

オーダースーツの国内縫製を行っている代表的なブランドを幾つか挙げてみます。
参考にしてください。
麻生テーラーは国内・海外インポート生地を多数取り揃えていることで有名です。花菱縫製はイージーオーダーに特化しているブランドで、スーツのシルエット調整や体型補正に優れています。
銀座山形屋は創業100年以上の伝統を誇っています。
ファイブワンは、店舗と工場の両方を自社経営しているファクトリーブランドです。