シャツの黄ばみが頑固すぎる!しっかり落とす方法は?

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > シャツの黄ばみが頑固すぎる!しっかり落とす方法は?

シャツの黄ばみが頑固すぎる!しっかり落とす方法は?

ビジネスシーンで着用することが多い白シャツは、気を付けていても黄ばみが発生することがあります。一度出来てしまった黄ばみは、頑固汚れであるため、落とすのが大変です。今回は、シャツの黄ばみを落とす方法を紹介していくので、参考にしてみてください。

シャツの黄ばみを落とす方法①:台所用洗剤

シャツの黄ばみが気になり出したら、一度台所用洗剤で汚れを落とす方法を実践してみましょう。台所用洗剤は、普段から食器を洗う中性洗剤で問題ないので、家にある洗剤で試してみてください。

まず黄ばみのあるシャツの部分を濡らします。次に、台所用洗剤の原液を黄ばみの部分に数滴垂らしてください。黄ばみの原因は、皮脂や老廃物の塊であるため、油汚れに強い台所用洗剤で落とすことができるかもしれません。

数滴垂らした後は、使用しない歯ブラシでゴシゴシと洗いましょう。この時に、力が強すぎると、生地を傷めてしまう恐れがあるため、ある程度の力加減を計算して洗うようにしてください。

しっかり泡立ちをよくすることで、汚れを落とすことができるため、必要であれば、洗剤を追加して洗うようにしましょう。

台所用洗剤で黄ばみを集中的に洗った後は、通常の衣類用洗剤を使って、洗濯機で洗ってください。黄ばみが発生して間もないタイミングであれば、綺麗に落とすことができるので、一度実践してみましょう。

シャツの黄ばみを落とす方法②:重曹

皮脂汚れは酸性であることから、アルカリ性の重曹を使うことで、汚れを落とすことができます。重曹はホームセンターやドラッグストアで簡単に手に入れることができるので、気軽に購入してみてください。

黄ばみを落とす方法としては、まず重曹を小さじ1杯分小皿に用意し、ぬるま湯を入れてペースト状にしましょう。黄ばみの部分は、重曹が浸透しやすいように、事前に濡らしておいてください。

次に、ペースト状にした重曹を歯ブラシに適量つけ、黄ばみの部分に塗り込むようにしていきます。繊維の奥に届かせるためには、ペースト状を柔らかくしておく必要があるので、固いと感じた時には、ぬるま湯で柔らかくしてから塗り込むようにしましょう。

塗り込んでから5分ほど経過したら、重曹をヘラなどを用いて綺麗に落とし、通常の洗濯を行ってください。頑固な汚れもしっかり落とす方法として有効なので、なかなか黄ばみが落ちない場合は、実践してみましょう。

シャツの黄ばみを落とす方法③:酵素系漂白剤

シャツの黄ばみを落とす方法として、粉末タイプの酵素系漂白剤もおすすめです。ドラッグストアやホームセンターで気軽に購入することができます。

浸け置き洗い用の分量で洗面器などのぬるま湯で溶かし、黄ばみの部分を浸けて30分ほど放置してください。

次に、漂白剤をしっかり落とすように、すすぎ洗いを行い、後は通常の洗濯方法で洗浄していきます。上手く漂白剤が黄ばみ成分に影響していれば、頑固な汚れも落とすことができるので、なかなか白シャツの黄ばみが取れなくて困っている方は、酵素系漂白剤を試してみてください。

自宅で黄ばみを綺麗に落とすことが出来なかった場合は、シミ抜きが上手いクリーニング屋さんに依頼する方法もおすすめです。

まとめ

長年使用したシャツには、黄ばみが発生することはよくあります。特に、襟の部分は人の皮脂や老廃物が付着しやすいことから、目立ってしまう原因になるので注意が必要です。

シャツの黄ばみを落とす方法は、早めに実践する方が、綺麗に黄ばみを落とすことができるため、気付いた時に行うことが大切になります。

特にシャツの黄ばみが頑固な場合は、酵素系漂白剤が効果的であるため、ドラッグストアやホームセンターで購入して実践してみてください。