シルエットが優れているオーダースーツは着心地も抜群です

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > シルエットを自分の好みに調整できるのが魅力のオーダースーツ

シルエットの優れたスーツを着ることの重要性

オーダースーツを注文するに際に欠かせない要素が、シルエット(形)作りです。
スーツは着心地とともに外観が大切ですが、形が崩れているスーツは着心地も悪く、見る人にも良くない印象を与えてしまいます。
一方優れた形のスーツは着心地も良く、接する人に好印象を与えます。

スーツのシルエットを着心地と外観からチェックします

肩へのフィットが支えるスーツの形

「スーツは肩で着る」という言葉を聞いたことはありませんか?スーツの形で最も大切なのは、肩へのフィット具合です。肩の具合は人によって千差万別ですので、布が余らないように、突っ張りすぎないように、オリジナルのスーツを作る際は特に気を配ってください。
他には後ろ衿や胸まわりの具合、着丈と袖丈、後ろ首から背中に掛けてのシワとパンツのシワなどがチェックポイントです。身体にフィットしたスーツを着ると姿勢も美しくなり、気力も充実してきます。

型紙はスーツデザインの設計図

オーダースーツのシルエットを見事に仕上げるために欠かせないのが型紙です。体型の細かいところまで採寸して型紙を起こすフルオーダーでは、スーツの形はお客様にピッタリになります。
既製のスーツから着丈や袖丈を調整するパターンオーダーや、デザイナーが用意した型紙からデザイン補正を行うイージーオーダーの場合は、好みの形になっているかどうか、スーツのチェックを入念にするようにしましょう。

スーツのシルエットで体型も変化する?

自分の体型が気になっている方は、オリジナルスーツの形によって外観を変化させることも出来ます。
ゆったりとしたスーツで痩せぎすの体型を隠したり、細身に見えるスーツで太り気味の体型をスッキリ見せるのです。
折角オーダースーツをあつらえるなら、納得のいく形に仕上げてもらいましょう。

シルエットが仕上がるまでの作業にも関心を持ちましょう

フルオーダーのスーツでも型紙を作らずに服地にダイレクトに図柄を描き込んで裁断する「直裁ち」という手法もあります。オーダースーツの製作を行っているお店は、それぞれがお客様に満足してもらえるスーツのシルエット作りに工夫を凝らしていますので、どのような作業工程を採用しているのか尋ねてみましょう。
スーツの形は、カラーや柄に負けず劣らず着ている方の印象を決定づける要素です。