結婚式でストライプのスーツはあり?男性の服装マナーとは

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 結婚式でストライプのスーツはあり?男性の服装マナーとは

結婚式でストライプのスーツはあり?男性の服装マナーとは

結婚式に呼ばれた場合、ゲストはストライプのスーツを着用しても問題ないのでしょうか。ストライプスーツは、オシャレに見えることから、着こなしたい方も多いですが、男性の服装マナーとして不安なこともあります。 今回は、結婚式にストライプスーツを着用しても問題ないのか、解説していくので、参考にしてみてください。

格式が高い場合ストライプスーツはおすすめできない

ストライプスーツを着ても問題ないかどうかは、結婚式の格式によって判断することが大切です。格式が高い結婚式は、ホテルウェディングや神社挙式などが該当します。

格式が高い結婚式での服装マナーは最礼装か準礼装であることが重要です。そのため、ストライプスーツは、避けてブラックスーツなどを着用する必要があります。

シチュエーションに合わせて、スーツの種類は変えることが重要なので、後で知らなかったと言わないように、事前に把握しておきましょう。

カジュアルな雰囲気ならストライプスーツでもOK

結婚式でストライプスーツは、絶対にNGという訳ではありません。
カジュアルな雰囲気の結婚式であれば、着用しても服装マナーに違反しないので安心してください。

二次会やレストランウェディングであれば、フランクな雰囲気であるため、オシャレなストライプスーツでも問題ありません。

反対に、カジュアルな結婚式の場合は、全体的に華やかな衣装のゲストも多いので、オシャレなストライプであれば、雰囲気にマッチしていいでしょう。

状況に合わせて、ストライプスーツの着用を考慮して、コーディネートを考えてみてください。

結婚式に着ていくストライプスーツの種類

カジュアルな雰囲気の結婚式といっても、ストライプスーツの種類は意識しておくことが大切です。ストライプスーツの種類によっては、服装マナーとして問題になる可能性もあるので注意しましょう。

太いストライプやコントラストがクッキリしているストライプのスーツは、変に目立ってしまう可能性があるので、結婚式ではおすすめできません。

結婚式でストライプスーツを着るのであれば、細く薄いストライプの方が華やかな印象になるのでストライプスーツを着る場合は、ストライプの種類を意識することが大切です。

またコントラストについても、コーディネート次第ではオシャレに演出することができます。濃いグレーにシルバーのストライプであれば、上品に見えるので、結婚式の雰囲気に合わせることが可能です。

結婚式でストライプスーツを着るなら上品に仕上げる

カジュアルな結婚式であれば、ストライプスーツを着こなすことで、オシャレな男性として意識してもらうことができます。
ただストライプの種類によっては、格好悪く映ってしまう可能性があるので、ストライプは細く薄い、スタイリッシュな雰囲気の太さを選ぶことが重要です。

またサイズ感も、タイトでピタッとした方が、スマートで上品な印象を与えることができます。
ストライプスーツ一つをとっても、組み合わせ次第で印象が全く異なるので、どのような雰囲気に演出したいのか、しっかり考えてからストライプスーツを選択するようにしましょう。

着る時には、ストライプが綺麗に見えるように、シワが一切ないことも大切なので、しっかり管理して、スタイリッシュで上品なストライプスーツを着用してみてください。

まとめ

男性が結婚式でストライプスーツを着用するのは、カジュアルな雰囲気の会場であれば問題ありません。しかし、ホテルウェディングや神社挙式といったフォーマルな雰囲気であれば、ストライプは浮いてしまいます。
そのため、状況に合わせてストライプスーツを選ぶかどうか、判断することが大切です。

ストライプスーツは、ストライプの太さによっても印象が異なるので、予め結婚式用のスーツを選定しておき、スタイリッシュで上品なストライプスーツを見つけておきましょう。