できるビジネスマンのスーツ~ネクタイの選び方について

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > できるビジネスマンのスーツ~ネクタイの選び方について

できるビジネスマンのスーツ~ネクタイの選び方について

ビシッとスーツを着こなしているビジネスマンの姿は自信があるという印象を相手に与え、信頼感を得る理由となります。身だしなみを整えるのはビジネスマンにとって重要な要素となるのは間違いありません。抑えておくべきポイントはスーツとネクタイの選び方にあります。ビジネスシーンであることを踏まえたスーツとネクタイの選び方について解説していきます。

スーツの選び方はサイズ感を重視すべき

スーツの選び方の基本は何よりサイズ感を合わせることです。ジャケットの肩山と自分の肩の位置とジャストフィットしているかをまず確認しましょう。着丈はヒップが半分以上は見えない程度にするのが望ましいです。スーツの色の選び方によって相手に与える印象が変わることも考えないといけません。ネイビーカラーは最も定番のカラーです。色の濃淡によって印象が変わり、グレーカラーは落ち着きのある男性の印象が強まります。

ブラウンカラーは温かみのある暖色系であり、秋や冬にかけて人気が出てきます。また、冠婚葬祭のイメージのあるブラックはビジネスシーンには適していないのを覚えておいた方がよいでしょう。デザイン選びに困ったときは無地を選択するのが無難といえます。

ネクタイの色と柄が与える印象について

ネクタイを選ぶときはまず色と柄のバランスを図りましょう。色を変えるだけでも相手に与える印象は変わっていきます。赤系は情熱的や積極的な印象を与え、イエロー系はポジションで明るい印象を与えます。ブルー系は爽やかで誠実な印象を与えたい場合に選択し、ピンク系は可愛らしさや優しさを大切にしたい場合に効果的です。オレンジ系は社交的や外交的な印象を与え、ブラウン系は堅実で縁の下の力持ちという大人の余裕を感じさせたいときに選ぶようにしましょう。

柄も同様に種類によって相手に与える印象は変わっていきます。ストライプ柄は爽やかで勤勉な印象を与え、ドット柄は上品で格式の高さを表す柄です。チェック柄は親近感があって明るいイメージを大切にしたいときに選択すべきで、小紋柄は知的や控えめな印象を与えます。最もコーディネートが簡単で人気の高い柄のソリッド柄は誠実で品格のある印象を与えたい場合に効果的です。

シーンで選ぶネクタイの色柄

ネクタイの色柄によってどういった印象を相手に与えるか変わるからこそ、シーンに合わせて使い分けるのが望ましいです。会議やプレゼンの場合は頼もしい印象を与えるために赤系を選択するのがよいでしょう。商談や接待の場合は誠実な印象を与えるためにネイビーや濃いめのブルー系を選択し、柄は無地や小紋柄がよいでしょう。食事会や接待の場合は初対面の方が多いことが予想されるため、明るさや親しみやすさを重視してのオレンジやイエロー系の色が望ましいです。フォーマルな場の場合は上品な印象を与えるために重厚な色と無地や控えめの柄がよいでしょう。

ビジネスマンである以上、周りにどういった印象を与えるのかを考えたうえでの選択を心がけるべきです。自分はまったく気にしなくとも、周りの人間がどういった印象を抱くかのひとつの要因となっている意識を高めましょう。

まとめ

できるビジネスマンは中身が優れているだけではありません。見た目からどういった印象を抱かれるかを加味してスーツやネクタイを選んでいます。身だしなみを整えるのはもちろん、スーツやネクタイの色柄についての基本を知り、シーンに合わせて選択していきましょう。自分ではまったく気にしなくとも、周りの人間は見た目から印象を抱くものです。特に社外の人間と会う機会の多いビジネスマンは知らないだけで大きな損をしてしまう可能性もあることを覚えておきましょう。