ツータックパンツについて考え直す機会となるオーダースーツ作製

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ツータックパンツのオーダースーツが持つメリットとデメリット

タックから考えるスラックスの選び方

オーダースーツを作る際に迷うのが、スラックスのタックです。
タックには「つまむ」という意味があり、パンツの前側で織り込んでるヒダを指します。
タックが無いパンツをノータックパンツ、タックが1本あればワンタックパンツ、2本あればツータックパンツと呼びます。
ここではツータックを中心にタック入りパンツのメリットとデメリットを考えます。

ツータックパンツの魅力と着こなし

体型とスラックスのタックの数

オーダースーツは体型にピッタリのサイズで仕上げてくれます。
タックの数が多ければそれだけパンツのサイズに余裕が出来て裾幅が広がるため、ノータックパンツは細身の方に、ツータックパンツは太めの方にどちらかと言うと向いています。
ノータックパンツはスッキリしていてシャープな印象があり、近年ではお洒落感覚を重視する方に人気です。
ただヒップや太ももが大きい人だとキツく感じてしまうケースもあるため、既製品の場合は試着の段階で注意しなければなりません。まずは履いてみて、楽にしゃがめるか試してみましょう。
ワンタックパンツは標準的な裾幅になるため、タックの数に迷っている方にお勧めです。

ツータックのスラックスを着こなすには?

ウエスト部分に2つのタックが入っているツータックパンツの魅力は、そのユッタリ感です。
ヒップから太ももにかけて余裕のある作りとなっているため、下半身の曲げ伸ばしが楽に出来ます。スーツで激しい運動をしなくてはならなくなっても安心です。
またお腹まわりが気になる年齢になっても、ツータックなら容易に履けます。
ただそのだぶつき感を「ダサい」「おじさんっぽい」と受け取る人も居るかもしれません。勿論ツータックが好きで、オーダースーツのスラックスをツータックにする人も少なくありません。
丈を調整したりロールアップを工夫することで、ツータックもノータックに負けないくらいお洒落に着こなせます。

スラックスのタックを変えてイメチェンしましょう

かつてスラックスではツータックパンツが主流でした。
そのため年輩の方では特に疑問に思わずツータックを履いているケースも多いです。
しかしスーツのイメチェンを図るなら、ツータックをノータックに変えてみるのも面白い手です。
ユッタリとした着心地はスッキリしたものになり、外観もスラッとします。
オーダースーツを作る際にはスラックスの太もも部分なども調整してツッパリ感が出ないようにするため、ノータックに挑戦するチャンスです。