ネクタイに生地は天然素材や人工素材の特徴を生かして使用されています

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ネクタイに生地は天然素材や人工素材の特徴を生かして使用

ネクタイの生地の奥深さについて考えてみよう

ネクタイはビジネスシーンやカジュアルシーンにとって、スーツ姿をいろいろな場面で表現する重要なアイテムとなっています。ネクタイの生地については、第一印象で決まる色や柄に比べて、表面的な理解にとどまっている傾向にありますが、実は奥深いものがあります。ここでは、ネクタイの生地について述べます。

ネクタイに使われる生地の種類と特徴

ネクタイの生地の種類

ネクタイの生地の種類には、大きく分けて、天然素材の生地を使用している場合と人工素材の生地を使用している場合とがあります。天然素材に比べて人工素材の方が価格は安く、お手入れが比較的簡単であると言えます。

天然素材の生地の特徴

天然素材の中で一番多く使用されるのがシルクです。その光沢や生地表面の柔らかさなどが特徴で、上品に感じられます。ウール素材は、その温もりとや優しい肌触りから秋冬にはぴったりの生地です。一方、リネンは涼しげな麻の特徴を生かした夏らしい素材です。コットンは、親しい人と再会した時のようなほっとする落ち着きのある風合いが特徴でビジネスからカジュアルまで広く使える生地です。

人工素材の生地の特徴

人工素材の一番使用されているのはポリエステルでその表面の光沢感からシルクの代用品として十分にその機能を果たしているという特徴があります。シルクと比べて手入れが簡単で価格も安価となっています。レーヨンもポリエステルと同様にその光沢感からシルクの代用に使われていて、ポリエステルより落ち着いた風合いが特徴の生地となっています。アセテートは、ポリエステルやレーヨンと同様にシルクの代わりとして使われますが、天然素材に化学薬品を加えて繊維状にした半合成繊維と呼ばれています。吸湿性や吸収性があり、しわになりにくいのが特徴です。

ネクタイの生地による違いを理解しよう

ネクタイには天然素材や人工素材の特徴を生かしたいろいろな生地が使用されています。
天然素材の特徴としては、シルクやリネンやコットンといった天然素材ならではの特徴を生かした生地で作られており、人工素材では、光沢のあるシルクの代用として、ポリエステルやレーヨンやアセテートといった、天然素材より安価で特徴が似ている生地が使用されています。