TPOにおけるスーツのマナーは普通のスーツと略礼服で使い分けます。

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > TPOにおけるスーツのマナーは普通のスーツと略礼服で使い分け

TPOに合わせてスーツを使い分けるのがマナーです

TPOにおけるスーツのマナーとは、時間・場所・場合に応じてスーツを使い分けることです。具体的には、冠婚葬祭にラフなジャケットとパンツで出席することがないように、それぞれの場合に合わせて着ていくスーツを選ぶことになります。
TPOのマナーに合ったスーツ選びについて考えてみましょう。

TPOに合わせたスーツの選び方

普通のスーツとフォーマルスーツとの比較

普通のスーツとは、会社への通勤用として一般的に使用されているスーツです。フォーマルスーツとは、礼服用のスーツとしてされているもので、正礼装、準礼装、略礼装、に分けられます。
正礼装、準礼装、とは、燕尾服やモーニングやタキシードといった、昼用、夜用と使用する時間によって分けて使う種類のものです。
略礼服は、一般的には礼服と呼ばれているもので、一般の人が冠婚葬祭に使用するブラックやダークのスーツとなっています。

TPOを考慮したスーツの選び方

普通のスーツをTPOにおけるマナーという点から考えてみると、毎日の会社の出勤には、スーツの柄は見地や目立ちにくいストライプで色目は紺やグレーが最適です。
重要な商談の場合には、スーツの柄は無地や細いピンストライプの種類で色は濃い目の落ち着いた色合いのものを選びます。シャツは白色で青色や緑色のネクタイ締めることで、相手を冷静にして商談にかける集中力を高めることができます。
冠婚葬祭では、基本的には略礼服を選び、結婚式ではブラックスーツに白色のシャツを着て白色あるいはシルバー色のネクタイを絞め、ポケットチーフを身につけます。葬式にはブラックスーツに白色のワイシャツ、黒色のネクタイ、黒色の靴下、黒色の靴、としネクタイピンやポケットチーフは身に着けないようにします。

TPOのマナーはスーツで決まる

TPOにおけるスーツのマナーとしては、無地やストライプ柄の普通のダークスーツを会社通勤用やビジネスにおける商談用に使用するのが適しています。
冠婚葬祭用には、黒色の略礼服にし、結婚式であれば白色のシャツに白色またはシルバーのネクタイを、葬式用には白色のシャツに黒色のネクタイをし、黒靴および黒靴下をはきます。