オーダーメイドのネクタイでVゾーンの印象を決定づける意味とは

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダーメイドのネクタイでVゾーンの印象を決定づける意味とは

オーダーメイドのネクタイでVゾーンの印象を決定づける意味とは

毎日着用するスーツにどのネクタイを合わせるかはビジネスマンにとって悩みの種になりがちです。既製品を購入するのはひとつの方法であるものの、個性が引き立つコーディネートをするにはオーダーメイドに限ります。特に重要となるのはスーツ全体の印象を左右するVゾーンのコーディネートです。オリジナリティが高まるネクタイで自分の価値をさらに高める術について解説していきます。

Vゾーンはスーツスタイルの顔

スーツスタイルで印象が決まるポイントになるのがジャケットのボタンを止めたときにできるV字部分のVゾーンです。Vゾーンはジャケット、ワイシャツ、ネクタイの3つのアイテム関わるゾーンであるため、シルエットが美しいかでスーツスタイル全体の印象も変わっていきます。

高級なスーツを複数購入してコーディネートを楽しめる方は限られているものの、ネクタイの場合はオーダーメイドで作るのも経済的にそれほど抵抗はないはずです。安めの既製品とほとんど変わらない価格で作ることもできます。スーツやシャツとは異なり、さまざまな色や柄を選べるのも特徴となります。自分に適した一品が実現するからこそ、しっかりこだわっていくべきです。

オーダーメイドで個性を引き立たせる

ネクタイは着用するシチュエーションに合わせてマナーを守るのが肝心です。ビジネスシーンでは奇抜すぎる柄を選択すると非常識であると思われてしまう恐れもあります。さまざまなシーンで使える基本のネクタイを用意しておけば、いざというときに困ることはありません。

既製品にも上質なネクタイはたくさんあるものの、個性をアピールするのは難しくなります。オーダーメイドの場合、裏地の色を変えたりネームに刺繍を入れたりオリジナリティのあるコーディネートをしやすいです。

シーン別に用意しておきたいネクタイについて

ビジネスマンは社内外のさまざまな人に会うことになるはずです。シーン別で適したネクタイを用意しておけば、いざというときも安心できるでしょう。初対面の人と会うときはグリーンで小紋柄のものを選択するのがよいといえます。Vゾーンで穏やかで誠実なイメージを与えるのも大切です。プレゼン時はいつもより派手なものを選択し、自分の積極性を演出するようにしましょう。商談時は知性と適度な積極性を持つブルーのものを選択し、謝罪時は自分の気持ちを正直に表すグレーのリゾットが適しています。

ネクタイの色や柄はそれぞれのシーンに適したものを選択するのが大切です。基本的なルールとしてはスーツと同系色を選択することです。反対色を選択すれば派手なイメージに仕上がります。商談やプレゼンの場においては思い切ってチャレンジしてみるのもひとつの方法です。それぞれの柄もどういった印象を与えるかを変える要因になります。その時々でさまざまな組み合わせをしていく必要があるからこそ、オーダーメイドで質を高め、自分の個性が引き立つように印象付けていくのが肝心です。スーツに過度なお金をかけることはできなくとも、ネクタイならシーン別に適したものを用意することもできます。見た目で印象が決まるビジネスマンとしての価値を高める要因にもなるでしょう。

まとめ

オーダーメイドのネクタイを着用することでコーディネートの幅が広がるのは間違いありません。それぞれのシーン別に適したものを用意しておけば、いざというときに困ることもなくなります。シルエットが美しいかが決まるVゾーンのコーディネートは毎日スーツを着るビジネスマンなら要注目の要素です。自分だけのオリジナルなコーディネートによって、個性が引き立ってビジネスマンとしての価値を高めることもできます。スーツやシャツだけではなく、ネクタイにこだわるのも大切であるのは間違いありません。