オーダースーツの洗濯表示におけるチェックポイントとは?

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツを自宅で洗う際には洗濯表示の事前確認が必須です

オーダースーツの自宅での洗濯はOK?

衣類を洗濯して駄目にしないためには、洗濯表示をキチンと確認する必要があります。
オーダースーツの所有者の中には、クリーニングに出すのでは無く、自宅で洗濯したいと考える方も居られるかも知れません。
「水洗い可能」なスーツなら、基本的に自宅で洗濯できます。
但し、スーツの素材によっては不可のケースもあり得ます。注意してください。

スーツを自宅で洗濯する場合の注意点

ラベルの読み取り方

衣類には必ず洗濯表示のラベルが縫い付けてあります。
水洗いの方法やアイロンの掛け方、漂白剤の使用可否、絞り方、干し方、商業クリーニングなどについて分かりやすく図柄表示されています。
他にも生地の素材や、製造業者の連絡先、洗濯の仕方に関する注意書きなどが記載されていますので、チェックしておいてください。

重要な「水洗い可能」表示

自宅でスーツの洗濯が可能かどうかの判断では、「水洗い可能」の表示が大きなポイントです。洗濯表示に「洗濯機マーク」「手洗いマーク」「ドライマーク」などが記載されていれば、基本的に自宅でも洗濯できます。
「水洗い不可」の表示がある場合は、自宅での洗濯を避けるようにしましょう。
素材がウールかウールとポリエステルの混合のオーダースーツなら比較的洗濯しやすいですが、シルクやカシミヤあるいは麻といったデリケートな素材は傷みやすいため、専門店でクリーニングするようにしてください。

色落ちチェックも忘れずに

オーダースーツの布地によっては、洗濯で色落ちする可能性もあります。
自宅で洗濯すると、仕上がりにおける毛羽立ちや縮みなどでクリーニング専門店より不満が残るケースもあり得ます。
けれど、最も気を付けなければならないのは「色落ち」です。スーツの裏側のような目立たない箇所に洗剤の原液をティッシュに染みこませてから押し付けるなどして、事前に色落ちしないか確認するようにしましょう。

洗濯後の取扱いも丁寧に

スーツを洗濯する方法には、「手洗い」「洗濯機」「シャワー」などがあります。どの洗い方が最適かは、洗濯表示から判断してください。洗い終わったら、すぐにハンガーに掛けるようにしましょう。
乾いたらアイロンを使用しますが、完全に乾燥しているよりも少し湿っているほうがシワを伸ばしやすいです。
オーダースーツの洗濯については、ブランドの店員やテーラーに事前相談すると安心できます。