スーツでこだわりたい。胸ポケットの種類とデザインについて!

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツでこだわりたい。胸ポケットの種類とデザインについて!

スーツでこだわりたい。胸ポケットの種類とデザインについて!

日常的にスーツを着用しているビジネスマンのなかには、「本来であれば、胸ポケットには、どのようなアイテムを入れるべきなのか?」といった疑問を抱いている男性も少なくありません。 このページでは、胸ポケットの種類やデザイン、胸ポケットの歴史・役割などのポイントについて解説します。

 

スーツでこだわりたい胸ポケットの種類とデザイン


パーティー用のスーツやビジネスシーンにて着用するスーツは、襟やポケットのデザインに少しのこだわりを取り入れるだけで、スーツ全体の印象が大きく変わってきます。たとえば、胸ポケットにカラフルなポケットチーフを差すことで、優美さやエレガントな雰囲気を演出することが可能です。

 

また、胸ポケットを上手に活用するためには、まず胸ポケットの種類や特徴について知っておくことが大切なポイントになってきます。胸ポケットの具体的な種類・それぞれの特徴については以下のとおりです。

 

■ウェルト・ポケット
ポケットの口に、縁飾りを施した「切りポケット」の一種。

 

■パッチ・ポケット
ポケットが貼り付け式になっているもの。
主にカジュアルなジャケットに採用されている。

 

■バルカポケット
ポケットの底に船底のような曲線が施されている胸ポケット。

 

スーツの胸ポケットの歴史や役割

日常的にスーツを着用している人のなかには、スーツの胸ポケットに、ボールペンやスマートフォン、社員証などを入れている人も多くいます。しかし、本来であれば、胸ポケットに入れるべきアイテムは「ポケットチーフのみ」です。 ボールペンやスマートフォン、社員証などの小物アイテムを入れることで、胸ポケットのシルエットが崩れてしまいます。

 

また、小物アイテムの重さによって一度伸びてしまった生地は、簡単に修復することが困難だといえます。 一昔前のスーツには、胸ポケットは付いていませんでした。また、胸ポケットの由来は、19世紀半ばのコートからだといわれており、革製のグローブを胸ポケットに入れて持ち運ぶことが主流でした。

 

1920年代になると、パーティーや食事会などのシーンで、女性の多くが装飾の目的でハンカチを使い始めました。このようなシーンを見た男性の人たちのなかで、「自分もハンカチを持ちたい」というニーズが高まり始めたのが、胸ポケットにポケットチーフを入れる習慣のきっかけとなりました。

 

胸ポケットの由来やデザインの種類について知っておこう

スーツに施された胸ポケットには、本来であれば「ポケットチーフのみ」を入れることが基本マナーだといわれています。また、スーツの胸ポケットは、スーツ全体の印象やイメージに大きく関わってくる大切なポイントのひとつです。

そのため、スーツを新調する際は、胸ポケットの形やデザインなどにもこだわりを取り入れることが、スーツをおしゃれに着こなすための鍵となってきます。