オーダースーツを作成するときのポイント

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツを作成するときのポイント

オーダースーツを作成するときのポイント

自分だけのオーダースーツは、社会人であれば一度は作ってみたいものです。しかしオーダースーツといってもいろんな種類がありますので、最初からこだわりすぎてしまうと、大変なことになってしまいます。ここではオーダーする際にこだわりたいポイントや仕立てる際の注意点について解説しています。

 

 

スーツをオーダーする際にこだわりたいポイント

スーツを着用する機会は人によってさまざまです。毎日着る人もいれば重要なときのみ着る人、いろんな人がいます。そんな中で、スーツに対するこだわりも多様でしょう。ここではスーツをオーダーする際にこだわりたいポイントについて紹介します。

 

どんな理由でオーダースーツを選ぶのか

スーツは既製品からオーダーメイドまでさまざまです。既製品を選ぶ理由はなんとなくわかる方が多いと思いますが、オーダーメイドの場合はどうでしょうか?オーダーメイドはご存知のとおり“自分に合ったオリジナルのスーツ”ですから、特別な理由があって選ぶ方がほとんどです。

 

◎体型に合うスーツが欲しい

オーダースーツは自分の体型に合っているので、しっかりフィットし不格好になることがありません。もちろん体型が変わってしまった場合は別ですが、基本的に自分に合うスーツなので安心して着用できます。オーダースーツを選ぶ一番大きな理由と言っても良いでしょう。

 

◎かっこ良く着こなしたい

体型に合うということは、スーツをかっこ良く着こなすことができます。既製品だと丈や裾が長いといったデメリットも、オーダースーツならそんな心配がありません。

 

◎希望のデザインに出会えない

既製品に希望のデザインがない場合も、オーダースーツを選ぶ理由のひとつになっています。オーダーメイドならニーズに合ったデザインに応えてくれるので、理想通りのスーツが完成します。ただしオーダーにも種類がありますので、理想を叶えるならフルオーダーがおすすめです。

 

ジャケットとパンツのこだわりポイント

スーツは主にジャケットとパンツに分けられますので、こだわりのポイントが異なります。 ジャケットの場合、

 

・ウエストライン

・肩のライン

・ボタンの数

・襟やポケット

などにこだわる方が多いと言われています。ジャケットはウエストラインを絞るか否かで、印象も大きく変わってきます。また腰位置を高く見せることでスタイルアップにも繋がりますから、こだわりたいポイントです。もちろんウエストラインを絞らずボックス型にすることもできます。

 

肩のラインは、丸みを持たせるかどうかでナチュラルな印象に見せることも威厳のある雰囲気に見せることも可能です。 ボタンの数は、代表的なこだわりたいポイントでしょう。ジャケットにはシングルとダブルがありますが、ボタンの数も変わってきます。ビジネスシーンではシングルタイプを着ることがほとんどですが、シーンに応じて調整してみてください。

 

ちなみにおすすめは2つボタンになります。 最後に襟やポケットです。これはディテールのことでこだわることで印象もがらりと変わります。ビジネスシーンならノッチドラペルの襟を、ポケットはフラップ以外のものを選ぶようにすると良いでしょう。

 

 

オーダースーツを仕立てる際の注意点

オーダースーツは自分の体型や好みに合ったスーツを作成してもらえるので魅力的です。しかし仕立てる際に気をつけなければいけない点がいくつかあります。

 

・通いやすくコミュニケーションを取りやすいお店を選ぶ
・きちんと相談できるように予約をする
・2着目以降の注文は前回作成したスーツを着用して行く
・予算と用途は作成前にしっかり伝える
・初回はこだわらない
・最初はパターンオーダーまたはイージーオーダーを

 

 

注文するときはデザインだけにこだわらないこと

オーダースーツだからと言って、あれもこれも注文してしまうと高くなってしまいます。特に初回オーダーはわからないことだらけなので、こだわりすぎないことも大切です。失敗しないようにしましょう。