春夏用と秋冬用のスーツの見分ける3つのポイントとは

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 春夏用と秋冬用のスーツの見分ける3つのポイントとは

春夏用と秋冬用のスーツの見分ける3つのポイントとは

春夏用と秋冬用のスーツの見分ける3つのポイントとは

同じスーツであっても春夏用と秋冬用では大きく3つ異なる点があります。どのスーツを選択するか考えるときに季節に応じて適した選択をするのが望ましいです。見分けるための3つのポイントを熟知していれば失敗することは避けられます。ビジネスマンは季節に応じての服装がビジネスにも影響するため、この機会に見分け方を覚えていきましょう。

平織りと綾織りの違いとは

春夏用と秋冬用のスーツの見分けるひとつのポイントとなるのが生地の織り方です。生地の織り方は大きく平織りと綾織りの2つあります。春夏用は平織りが多く、秋冬用は綾織りが多いです。平織りは縦の糸と横の糸を交互に入れて織っていき、糸間の隙間が大きくて着用感が涼しいのが特徴です。

綾織りは縦の糸が2本ないし3本通過した後に横の糸を1本通して織っていきます。糸間の密度が大きくなり、風を通しにくく外気をシャットアウトしやすいです。平織りと綾織りは見た目のみならず、触った感じによる違いも見分けるのに役立つでしょう。明確に生地には春夏用と秋冬用という区別はありません。生地の織り方で判断して季節に適した選択をする必要があります。

色味による違いについて

春夏用は少し薄い色が使われるのが一般的です。ベージュ、薄い紺、薄いグレー、薄いブルーグレーなどが中心となります。一方秋冬用はネイビー、濃いグレー、ダークブラウンと色味が強くなるのが一般的です。ビジネスシーンではスーツの色はダークカラーが基本となります。春夏用で使われる色は明るくカジュアル感が強まるのが特徴で、社内で浮いてしまうこともあるのが注意点です。濃紺や濃いグレーといった色のスーツも選択肢と入れておいた方がよいでしょう。

季節感を演出するためにはどの色のスーツを選択するかが重要です。春夏用は見た目が涼しげであるのが望ましく、秋冬用は暖かさを感じる見た目であるのが望ましいです。どの色を選択するかについてはセオリーがあり、見分けるポイントとして覚えておきましょう。着こなしが分かっていないと思われることがないようにしましょう。もちろんそれぞれの会社の服装の規定に沿っての選択をしないといけません。

背抜きと総裏の違いとは

どの季節であってもスーツの裏地は総裏が基本で、湿気や汚れから表地を守ったり動くときの摩擦を軽減できたりと長持ちさせるための工夫となります。しかし日本の気候は四季による寒暖差が激しいため、春夏用に背抜き仕様が一般的となっています。大まかな分類としては総裏が秋冬用、背抜きが春夏用で見分けるポイントとして覚えておいて損はありません。注意点となるのは長期的に着用できるための工夫として、秋冬用でも背抜き仕様となっているものが多くなっていることです。

日々のビジネスライフを快適に過ごせるかどうかの大きなポイントになる要素で、特に社外の人間と会う機会が多いビジネスマンは違いを理解したうえで選択すべきです。暑そうだったり寒そうだったりしているスーツ姿だと相手に余計な気を遣わせてしまうかもしれません。その場に適した服装を選択するのがビジネスマンとしてのマナーであることを忘れてはいけません。

まとめ

春夏用と秋冬用のスーツを見分けるのはそう難しくはありません。生地の織り方、色味、背抜きか総裏と3つのポイントをチェックすれば誰でも見分けることができます。ビジネスマンはその季節に適した服装をするのがマナーであり、間違って選択しないために何が違うのかを理解することが大切です。自分の服装は常に見られているとビジネスマンは認識すべきで、季節に適していない服装をするのは自分の価値を下げることにもなりかねません。購入する段階で選択ミスをしないことを心がけましょう。