ビジネスマンなら知っておくべき季節ごとのスーツの違いとは

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ビジネスマンなら知っておくべき季節ごとのスーツの違いとは

ビジネスマンなら知っておくべき季節ごとのスーツの違いとは

ビジネスマンなら知っておくべき季節ごとのスーツの違いとは

スーツには春夏用、秋冬用、オールシーズンと季節ごとの種類があります。オールシーズンのスーツだけで一年中過ごすこともできるものの、社外の人間と会う機会の多いビジネスマンは季節ごとに衣替えをするのがおすすめです。ビジネスマンなら季節ごとのスーツの違いを把握しておくべきで、その時期に適した選択をするためのポイントについて詳しく解説していきます。

オールシーズンは一年中着用することを目的に作られている

一年中着用することを目的に裏地の有無や生地の質が選ばれて作られるオールシーズン用はどの季節にも対応できます。ジャケットを背抜きして暑い日でも着心地をよくする、あるいは目付が重い生地を使うなどして複合的な要素を持ち合わせています。オールシーズン用であるかの明確な定義こそないものの、各社が季節に応じて着用できるように作られているものです。

社外の人間と会うことがほとんどなく、寒暖の差のない内勤作業を行うビジネスマンなら問題なく選択ができるものです。季節に応じてのスーツの違いはなく、失敗しない選択をしたい場合にも適しています。

春夏用と秋冬用の違い

春夏用と秋冬用の違いは重さ、生地、裏地、色味の4つから見分けることができます。重さは薄手か厚手かによって全体の重量が重くなるかの違いです。春夏用は200~300gms、秋冬用は300~400gmsが目安となります。単純な重さだけでは判断が難しく、重量が重くとも細い繊維を使っている場合もあります。

春夏用はトロピカル、シアサッカー、ホップサックを使い、秋冬用はミルド、コーデュロイ、フランネルを使うといった生地による違いも注目点です。どの生地を使っているかによって装いは大きく変わっていきます。春夏用は滑らかな仕上がりとなり、秋冬用は太くて羽毛立った紡毛を使うことで暖かな仕上がりとなります。裏地が付いているかどうかによって春夏用か秋冬用かの見分けが可能です。風通しを優先して裏地が付いていないと春夏用、保温性と保湿性を優先して裏地が付いていると秋冬用です。

色味は寒色を使うのが春夏用、暖色を使うのが秋冬用となります。爽やかで涼しげな印象にしたいか、柔らかく暖かい印象にしたいかによって使い分けるのが望ましいです。

機能的で見た目の雰囲気も合わせた着こなしを目指す

社外の人間と会う機会の多いビジネスマンは機能的で見た目の雰囲気も合わせた着こなしを目指しましょう。ビジネスマンにとってのスーツ姿はいかに相手に不快感を与えないことを考えるべきです。スーツの着こなしが分かっていないと思われるのはビジネスマンにとってのマイナスとなります。オールシーズン用を着用すればコストパフォーマンスに優れた選択とはなるものの、おすすめは春夏用と秋冬用をちゃんと着分けることです。

それぞれの季節に合わせた機能的な着こなしができるようになってオシャレも楽しみやすくなります。通気性や保温性といった機能面ばかりに目を奪われることなく、相手に与える印象を加味してスーツ選びをしてみてはいかがでしょうか。スーツごとの違いを把握したうえで選択することで、着こなしができるビジネスマンを印象付けることができます。

まとめ

季節ごとのスーツの違いを把握したうえで適した選択をすることでビジネスマンとしての価値を高めることができます。できるビジネスマンほど自分の価値を高めるためにオールシーズン用ではなく、春夏用と秋冬用を使い分けています。機能的であるとともに見た目に気を遣うことはビジネスマンにとっての仕事の一環といっても過言ではありません。これから選択をするのなら春夏用と秋冬用を使い分けて相手に好印象を抱かれる服装を目指しましょう。ビジネスマンはスーツ姿を常に見られていると認識すべきです。