正しいスーツの着こなしに役立つ春夏用と秋冬用の違いを解説

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 正しいスーツの着こなしに役立つ春夏用と秋冬用の違いを解説

正しいスーツの着こなしに役立つ春夏用と秋冬用の違いを解説

ビジネスマンはただスーツを着用していれば正しい着こなしができていると考えるべきではありません。春夏用と秋冬用の違いを理解したうえで季節ごとに衣替えをして正しい着こなしと認識すべきです。色、厚さ、織り、素材と大きく4つの違いがあります。どういった違いがあるのかを理解し、正しい着こなしをしていきましょう。

4つの違いについて

春夏用と秋冬用の色、厚さ、織り、素材と4つの違いあります。明るい色が春夏用、ダークトーンは秋冬用と覚えておけば問題ありません。色の違いによって相手に与える印象が大きく変わっていくからこそ、ビジネスマンは特に理解したうえで適した選択をするのが望ましいです。厚さは目安として春夏用が200~300 gmsで秋冬用は300~400 gmsとなります。織りの密度が荒い生地を使うか細かい生地を使うかによって厚さは変わっていきます。

通気性と耐久性に優れた平織りは春夏用に適しており、サラッとした肌触りが特徴です。綾織りは光沢感が出て肉厚な織り方で秋冬用に適しています。春夏用はコットン、モヘア、シアサッカーとサラッとした生地を使い、秋冬用はツイード、フランネル、ベロアと毛足の長い生地を使います。色と同じく相手に与える印象が変わる要素のひとつです。

これらの4つの違いを理解したうえでそれぞれの季節に適した選択することが正しい着こなしをするうえでのポイントになります。

快適に過ごせるかどうかが変わる

季節ごとに適したスーツを着用することで快適に過ごせるかどうかは変わっていきます。暑い季節は汗だくになってしまうことを避けるべく、通気性と耐久性に拘って選択するのが望ましいです。寒い季節は保温性が高く、ジャケットを着ているだけで肌寒さを感じないように工夫した方がよいでしょう。

常に社内で仕事をするのならまだしも、社外の人間と会うために営業に行く場合には適した温度調節がされていない場合も想定できます。季節に適したスーツを着用していないと汗だくになったり肌寒さを感じたりすることもあります。相手に気を遣わせてしまう結果となる可能性もあるからこそ、できる限り快適に過ごせるように選択するのがおすすめです。

スーツ姿がビジネスマンの内面を示す

ビジネスマンは自分のスーツ姿は内面を示すものと認識した方がよいでしょう。第一印象の良し悪しによって今後のビジネスがスムーズに進むかどうかは変わっていきます。できるビジネスマンほど、自分のスーツ姿に拘って相手に好印象を抱かれることに余念がありません。当然春夏用と秋冬用の違いを理解したうえで使い分けており、場面に応じて適したコーディネートをしています。

スーツ姿に気を遣えていないビジネスマンと思われることは仕事の内容の説明をする前に負けていると認識した方がよいでしょう。悪目立ちすることなく、その場に適したコーディネートをすることがビジネスマンとしての価値を高める要因となります。

季節ごとに適した服装をするとなると経済的な負担が大きくなってしまうものの、正しい着こなしをしていくにあたって避けては通れないものです。快適なビジネスライフを過ごすのはもちろん、相手に好印象を抱かれるためにも拘ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

春夏用と秋冬用にはどういった違いがあるか理解できたでしょうか。一見同じように見えたとしても機能性と見た目が大きく異なります。それぞれの季節に適した服装を心がけるのはビジネスマンにとっての仕事の一環です。相手に与える印象が異なり、第一印象もよくなります。自分の服装に気を遣えていないと認識されることは今後のビジネスにもマイナスに作用します。正しい着こなしとはその場に適した服装をすることで、季節感を無視した服装はしないにこしたことはありません。