ビジネスシューズの紐の結び方・通し方を解説

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ビジネスシューズの紐の結び方・通し方を解説

ビジネスシューズの紐の結び方・通し方を解説

歩いているとビジネスシューズの紐がほどけてしまう…。そのような悩みを抱えているなら、正しい結び方をしていないのかもしれません。

 

そこで今回の記事では、ビジネスシューズの結び方の基本となる「シングル」と「パラレル」の2種類の結び方と、ほどけにくくするための「ベルルッティ結び」の方法をご紹介します。

 

ビジネスシューズの紐の結び方・通し方を解説

 

ビジネスシューズを結ぶなら、「シングル」と「パラレル」の2種類の結び方を覚えておきましょう。

 

ビジネスシューズの紐の結び方:シングル

 

ビジネスシューズの紐を結ぶときに基本となるのが「シングル」という結び方です。

 

1.爪先側のホールに外側から紐を通す

2.1で左から出ている紐を一番足首側にある右側のホールに内側から通す

3.1で右から出ている紐を爪先から2番目にある左側のホールに内側から通す

4.3の紐を爪先から2番目にある水際のホールに外側から通す

5.3~4の手順を繰り返して一番足首側にあるホールまで通す

6.2で一番足首側のホールに通した紐と結んで完成

 

ビジネスシューズの紐の結び方:パラレル

 

次にご紹介する「パラレル」は、ホールド力があり長時間に渡り歩く方におすすめです。

 

1.爪先側のホールに外側から紐を通す

2.1で左から出ている紐を爪先から2番目にある左側のホールに内側から通す

3.2の紐を爪先から2番目にある右側のホールに外側から通す

4.1で右から出ている紐を爪先から3番目にある右側のホールに内側から通す

5.4の紐を爪先から3番目にある左側のホールに外側から通す

6.2~5の手順を繰り返して結んだら完成

 

ほどけにくい紐の結び方と工夫

 

ビジネスシューズの紐がすぐにほどけてしまうという場合は、ほどけにくさに定評のある「ベルルッティ結び」を試したり、シューレースタイトリキッドを活用したりすることをおすすめします。

 

ベルルッティ結び

 

「ベルルッティ結び」は、ほどけにくい上にフォーマルな雰囲気に仕上がるため、ビジネスシーンに最適な紐の結び方です。

 

1.まずは通常通り足首のシューホールまで紐を通す

2.左から出ている紐を右の紐の上から重ね下に通す

3.2で下に通した紐をもう一度下に通す

4.そのまま左右を引っ張って締め付ける

5.左から出ている紐で輪っかを作る

6.右から出ている紐を5に巻きつけ蝶結びの形を作る

7.左から出ている輪を真下の輪の中に通す

8.そのまま左右の輪を引っ張って結んで形を整えたら完成

 

シューレースタイトリキッドを使ってほどけにくくする

 

「シューレースタイトリキッド」とは、結び目をほどけにくくするためのリキッドです。結び目に染み込ませることによってPVA樹脂が結び目を固定し、ほどけにくくする作用があります。

 

ビジネスシューズの紐がほどけるなら結び方を工夫して

 

ビジネスシューズの紐がすぐにほどけてしまうと悩んでいるなら、まずは「シングル」「パラレル」の2つの結び方を覚えて、さらに「ベルルッティ結び」を実践してみましょう。そして、「シューレースタイトリキッド」を結び目に染み込ませれば、簡単にほどけてしまうことはなくなるはずです。

 

それでもほどけてしまうようなら、専門店に相談してみることもひとつの方法です。シューズに関する悩みがなくなるような有益なアドバイスをしてもらえるでしょう。