手入れ方法が簡単なスーツだからこそ、習慣化したいスーツの長持ちする方法

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 手入れ方法が簡単だからこそ、毎日のお手入れは忘れずに

オーダースーツのお手入れ方法

オーダーしたスーツはその分愛着もあり、できるだけ長く愛用したいですよね。できるだけ長く愛用するためには、しっかりとしたお手入れが必要になります。では実際にスーツのお手入れはどのようにするのでしょうか?

オーダースーツのお手入れポイント

ポケットの中身を出しましょう。

まず最初は、お手入れとは言わないかもしれませんが、大切な事。スーツのように型が大事な洋服にとって、型崩れは避けたいですね。ポケットの中に長時間ものが入っていると、型崩れの原因になりますので、スーツをハンガーにかける時はポケットの中身を出しましょう。

面倒でも必ずハンガーにかけましょう。

スーツのお手入れの基本として、家に帰ったらすぐにハンガーにかけるのが大切です。
ハンガーにかけるだけでも、型崩れやシワを防ぐことができます。特に立体ハンガーは、肩回りにピッタリとフィットするので、肩回りが潰れることもありません。

適度なブラッシングを行いましょう

スーツの虫食いの原因は何かご存知でしょうか?それは、スーツについたホコリを食べる「ヒメマルカツオブシムシ」という虫がスーツの繊維ごと食い破ってしまうというのが原因です。そのため、スーツにはできるだけ丁寧にブラッシングをしてホコリを取ってやる必要があります。ブラッシングでお手入れをするときは、まず最初にジャケット全体をはたいて誇りをうかせた後に、上から下にやさしくブラッシングしてあげるのがコツです。同様にパンツも優しく水平にブラッシングしてお手入れしてあげましょう。

1日着たら1日休ませましょう

スーツは1日着ると汗が染みこんでしまいます。そのため、1日着たスーツは、風通しの良い室内で陰干しをするなどのお手入れをしてあげましょう。余分な水分を取り除けば、匂いやカビも防ぐことができ、これだけでもスーツの寿命が変わってきます。

ブラッシングのポイント

オーダースーツをブラッシングで手入れするときのポイントについて解説します。

ブラッシング用ブラシの選び方

スーツを手入れするためのブラシは、天然毛のものを選ぶことがポイントです。できる限り毛が柔らかい天然毛のブラシを選べば、スーツの生地を傷めてしまう心配もありません。

ブラッシングをするときのコツ

ブラッシングをするときには3つのポイントがあります。

・ポイント1:肩からブラッシングをすること
・ポイント2:ポケットの中も手入れをすること
・ポイント3:裾周りは丁寧に埃を落とすこと

スーツは埃やゴミが溜まりやすい、肩から手入れをすることが基本です。人目につきやすい肩部分を念入りにブラッシングすることはもちろん、襟を立てて、ラベル裏もブラッシングするようにします。肩部分のブラッシングは、できれば毎日行ってください。

そして、ポケットの縫い目やポケットの中もゴミが溜まりやすい部分なので、忘れずにブラッシングするようにしましょう。裾周りは泥や砂がついていることが多いため、折返しになっている部分も伸ばして、丁寧に手入れしてあげてください。

スーツを長持ちさせる保存のコツ

オーダースーツを長持ちさせるためのコツについて、押さえておきたい基本的な知識を解説します。

保管するときは必ず乾燥剤を入れること

長期間に渡りオーダースーツを保管する際には、必ず乾燥剤も一緒に入れましょう。特にウールなどの天然素材が使われているスーツはカビが生えやすいので、クリーニングで皮脂汚れなどを綺麗に落とした後、クローゼットに吊り下げられるタイプの除湿剤・乾燥剤を一緒に入れて、カビの発生を防いでください。

適度に隙間を空けて保管をすること

クローゼットにオーダースーツを吊るすときは、適度に隙間を空けるようにすることもポイントです。クローゼットの中に隙間なく詰め込むこともカビの発生要因となりますが、スーツが圧迫されることで、型崩れも発生しかねません。スーツ同士が触れ合わないように、適度な間隔を空けて吊るしましょう。

お手入れを習慣化する事が大切

オーダースーツのお手入れポイントを説明しましたが、意外にもそんなに難しいお手入れは無く、ご自身で簡単にできるものばかりですね。しかし、この簡単なお手入れも習慣化することに意味があります。毎日必ずやるというのはなかなか大変なものですが、せっかくのオーダースーツですから、お手入れを習慣化してスーツの寿命を長くしてあげましょう。