スーツの衣替えはいつがよい?正しいタイミングや注意点を解説

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツの衣替えはいつがよい?正しいタイミングや注意点を解説

スーツの衣替えはいつがよい?正しいタイミングや注意点を解説

スーツの衣替えはいつがよい?正しいタイミングや注意点を解説

季節による温度変化は大きいため、一年中同じスーツを着るわけにはいきません。しかし、衣替えのタイミングを間違ってしまうと、暑過ぎる、寒すぎる状態になってしまい、仕事に支障をきたしてしまう恐れもあります。

そこで、おすすめの衣替えの時期と、注意しておきたいことについてもご紹介しましょう。

スーツの衣替えの時期はいつ?

大前提としておさえておきたいのが、季節が移り、気温や気候が変わって、今着ているスーツでは快適に生活できなくなる時が衣替えの時期です。会社で衣替えの時期に関する規定がある場合はそれに従わなければなりませんが、そうでなければ自分でしっかり時期を見極めましょう。

スーツは大きく分けて、春夏用、秋冬用、オールシーズン用の3種類があります。それぞれ適している時期についてご紹介します。

種類ごとの特徴と衣替えの時期

春夏用は生地が薄く、裏地もなく軽いのが特徴です。暑い時期に着ることを前提として作られているので、熱がこもらないように考えられています。時期でいうと4~9月に適しているでしょう。また、特に暑い時期に着る用に作られている盛夏用スーツもあります。炎天下で外回りをすることが多い方などは確認してみてはいかがでしょうか。

秋冬用は、厚い生地で裏地もあるため重いですが、その分暖かいです。10~3月に着るのが一般的なので、このタイミングで衣替えを検討してみてはいかがでしょうか。

オールシーズン用はその名の通り、どの季節でも着ることができるタイプとなっています。ただ、その分、暑い時期、寒い時期に特化して作られている春夏用、秋冬用に比べると夏は熱く、冬は寒さを感じやすいです。

衣替えのタイミングや注意点

春夏用は4月から、秋冬用は10月から着るのが一般的ではありますが、その年によって天候や気温も異なるので、天気予報なども確認しながら検討が必要です。
4月に秋冬用から春夏用に切り替えるといっても、5月でもまだ肌寒い日が続く年もありますし、よく見極めましょう。

場合によってはオールシーズンスーツも組み合わせて対応していくのもおすすめです。

注意点として、衣替えをしたらそれまで着ていたスーツは、クリーニングに出してからクローゼットにしまうようにしましょう。その際、クリーニング店の袋から出した状態でハンガーにかけ、風通しの良い室内で1日ほど陰干ししてからしまいます。

早めに準備をしておくと急な気温の変化にも対応できるので、気温が大きく変わってから慌てないように準備を進めておきましょう。

気温に合わせて最適なスーツを選択

毎日快適に働くためにはその季節に合わせたスーツを選択することが重要です。年によって気温が大きく変わることもあるので、自分の体感気温なども参考にしながらいつ切り替えるのか衣替えの時期について考えてみましょう。

ある程度ならベストやカーディガンを着用したり、シャツで調整したりできるので、調整用のアイテムをいくつか用意しておくのもおすすめです。