足元をおしゃれにするビジネスマン向け革靴の選び方とは

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 足元をおしゃれにするビジネスマン向け革靴の選び方とは

足元をおしゃれにするビジネスマン向け革靴の選び方とは

-

足元をおしゃれにするビジネスマン向け革靴の選び方とは

スーツやシャツなど目立つ部分のおしゃれには余念がなくとも、足元を疎かにしてしまうビジネスマンは少なくありません。足元をおしゃれにすることが全体の印象を決めるといっても過言ではありません。ビジネスマンは特に革靴をチェックされることを意識した方がよいでしょう。ビジネスマンに革靴の適した選び方をし、さらに自分の価値を高めてみてはいかがでしょうか。

革靴の種類を着用シーンから選択

革靴を大きく分けるとビジネスシーンに適した種類、フォーマルシーンに適した種類があります。ビジネスシーンに適した種類に該当するのがプレーントゥです。飾り気がほとんどないシンプルさが際立つ種類でビジネスシーン以外にもフォーマルシーンやカジュアルシーンにも着用されています。

カジュアルなビジネスシーンに適した種類となるのがモンクストラップやローファーです。ビジネスシーンでは派手過ぎないものを選択するのが基本で、着用シーンやスーツに合わせて選ぶようにしましょう。革靴の選び方は着用シーンによって異なるものです。それぞれの種類によって相手にどういった印象に映るか変わっていきます。基本に忠実に適した種類を選択しましょう。

試着をしないのは危険

革靴はサイズが合っていればどれでもよいと考える方もいるものの、試着をしないのは危険です。ブランドが同じでもモデルや木型の違いがあり、サイズが合わないこともあります。サイズとモデルが豊富な店舗に足を運べば自分が求めるものを入手できる可能性が高まるものです。

また、試着をする場合は17時間前後の時間帯を選択しましょう。一般的に17時頃が最も足がむくみます。やや緩めのフィット感だとほかの時間帯ではブカブカに感じることもあるため、ちゃんとフィットするかが要注目です。ビジネスマンは革靴を履いたまま歩くことも多く、歩きやすいかも考えるべきです。400g前後の重さは手に取ると重く感じるものの、振り子の役割を果たして歩きやすい要素になります。

革靴のオーダーメイドがおすすめの訳

市販の革靴の選び方の基本を理解して選択するのがひとつの方法です。そしてオーダーメイドする方法もあります。0から足に合わせて作る方法もあれば、既存の木型を微調整してデザインや素材などを選んで注文する方法も革の色や素材を一定のものから選んで注文する方法もあります。目的に合わせてオーダーする方法を選択するのが大切であり、おしゃれを重視することも足の健康を重視する選び方もあります。

ビジネスマンは特にオーダーするのがおすすめです。足元を見られる機会も多く、ほかのビジネスマンとの差別化を図ることができます。自分の要望及び足の状態を考慮しての選択ができるのが魅力的です。ビジネスマンは仕事のときには毎日革靴を履くことになり、おしゃれな足元を実現してさらに快適に過ごせるかが重要です。市販のもので両方を実現するのは難しく、オーダーすることによって解決します。

足元をおしゃれにすることがスーツ姿全体の印象を決めます。オーダーの方法によって価格は大きく変わっていき、市販のものから少し上乗せする程度の価格でオーダーすることも可能です。

まとめ

基本となる革靴の選び方を理解できたでしょうか。適した種類を選択し、ちゃんと試着して履き心地まで含めて選ぶようにしましょう。ビジネスマンは足元を見られることも多く、スーツ姿が台無しにならないようにオーダーすることも視野に入れるのがおすすめです。オーダーの方法にも種類があり、リーズナブルな価格でオーダーすることもできます。スーツやシャツに比べると油断してしまいがちな部分の足元の身だしなみを整えることはビジネスマンとしての価値を高めることになります。