ビジネススーツとは異なるフォーマルスーツの正しい着方と選び方

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ビジネススーツとは異なるフォーマルスーツの正しい着方と選び方

ビジネススーツとは異なるフォーマルスーツの正しい着方と選び方

多くの方は結婚式やパーティーに招待されたときにビジネススーツを着用すれば問題ないと考えているものの、ビジネススーツとは根本的に異なります。恥ずかしい思いをすることがないように正しい着方を身に付けていきましょう。また、フォーマルスーツの選び方も同様に注目すべき点があります。服装の来歴に沿ったルールを間違えなければ、失敗することはありません。

フォーマルスーツとビジネススーツの違い

フォーマルスーツは格式が高い公式な場で着用するスーツであり、ビジネススーツは日常的な場で着用するスーツです。同じスーツであっても似て非なるものと認識しておきましょう。一口にフォーマルスーツといっても正礼装、モーニングコート、準礼装、ディレクターズスーツとさまざまな種類があります。

18:00を境にした時間と場を考慮してどの種類を選択するかを決めていきます。もちろん、ホスト側かゲスト側かによって適切な選択は変わるものです。シャツはウィングカラーを基本とすべきです。ベストは必ず着用し、タキシードの場合はカマーバンドを巻きましょう。靴は黒を選択し、チーフの折り方はスリーピークスが基本です。カフスは白系の華やかな石使いのものを使用しましょう。

非日常的な場に行く際には普段着用する機会のない服装にするものです。フォーマルスーツの正しい着方は堅苦しさを感じる方もいるものの、恥ずかしい思いをしないために必要な準備をしましょう。

フォーマルスーツの選び方のポイントは3つ

フォーマルスーツの正しい着方をマスターすると同じく正しい選び方も覚えていきましょう。まず、最低5年以上は着ることを考慮し、窮屈とならないサイズを選ぶようにしましょう。デザインも流行に左右されず、シンプルなブラックスーツを選ぶのが基本です。コーディネートも小物を活用すればおしゃれ感を演出できます。オールシーズン用のフォーマットを選択するのも大切です。季節を問わず着用できます。

そして、ブランドやデザインよりも重要となるのは自分の体型に合っているかどうかです。コーディネートの幅を広げるにしてもシンプルなものであるのが望ましく、マナーやルールを守ることを第一としましょう。周囲にどういったイメージを与えるかを考えての対応が必要であり、どの場面でも清潔感が重要となります。

1着用意しておけば心配無用

フォーマルスーツは1着用意しておけば結婚式やパーティーに招待されたときも心配無用です。その場に応じた正しい着方をしないといけないため、ビジネススーツで対応できると考えるのは間違っています。服装の来歴に沿ったルールを無視してしまうと恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

フォーマルシーンに対応できるスーツは着用する機会が少ない方もいるでしょう。その都度レンタルをするという方法もないわけではありません。しかし、レンタル代がかさんでしまうのが懸念事項となります。正しい着方と選び方を覚えておけば、その場に適した服装となります。

格式が高い公式な場での服装は多くの方が頭を悩ませているはずです。基本に忠実でことを心がけてさらに自分のセンスでコーディネートの幅を広げていきましょう。

まとめ

格式の高い公式な場に招待されたときにはビジネススーツではなく、フォーマルスーツを着用しましょう。正しい着方と選び方はそう難しくはなく、基本を覚えておけば頭を悩ませることもありません。服装の来歴に沿ったルールを間違えてしまうと恥ずかしい思いをしてしまうことになりかねません。清潔感を大切にし、周囲にどういったイメージを与えるかも考えないといけません。1着用意しておけばその都度頭を悩ませることもなくなるため、思い切ってオーダースーツを作ってみてはいかがでしょうか。