オーダースーツの正しいクリーニング方法を知って長く大事に着用しましょう

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツの正しいクリーニング方法を知って長く大事に着用しましょう

オーダースーツの正しいクリーニング方法を知って長く大事に着用しましょう

オーダースーツに関する悩みで多いのが、クリーニング方法です。中には、クリーニングにだすべきかどうかで悩む方もいます。大切なスーツをどのように扱えばよいのでしょうか。このページでは、オーダースーツのクリーニング方法を解説しています。以下の情報を参考にすれば、正しいお手入れ方法がわかるはずです。 

 

オーダースーツの正しいクリーニング方法

オーダースーツのクリーニングで心配になるのが、生地の痛みです。クリーニングにより痛みは生じますが、洗剤・技術の進歩により以前よりは傷みづらくなっています。クリーニングに出すことで汚れを落とせるほか、型崩れも防げるので、適切に利用したいといえるでしょう。正しいクリーニング方法は以下の通りです。 

 

1シーズンあたり1~2回程度が目安

オーダースーツの利用環境にもよりますが、クリーニングに出す頻度は1シーズンあたり1~2回程度が目安す。汗をかきやすい春夏は、2~3回程度に増やしても問題ありません。少ないと感じるかもしれませんが、クリーニングに出すと少しずつ生地は傷みます。長く使いたいのであれば、この程度の利用頻度がベストです。 

 

汚れが目立つときは早めに出す

スーツの汚れが目立つときは、放っておかずに早めにクリーニングへ出します。時間が経過すると、汚れを落としづらくなるからです。クリーニングに出すときは、上下セットで出しましょう。どちらか一方だけクリーニングを重ねると、状態に差が生じてしまうからです。 

 

信頼できるクリーニング店を利用する

クリーニング店の技術は、店舗により異なります。オーダースーツを出すときは、信頼できるクリーニング店を選ぶことが重要です。クリーニング店の技術力は、シャツの仕上がりを見ればわかります。シャツの袖を美しく仕上げられるクリーニング店は、技術力が高いとされています。まずは、シャツを出して、技術力を見極めるとよいでしょう。 

 

オーダースーツの日ごろのメンテナンス

オーダースーツを長く愛用するため、日ごろのメンテナンスも欠かせません。毎日のお手入れは以下の手順で行います。 

 

  1. ポケットに入っているものを全て取り出してまとめておく 
  1. ほうきブラシ、あるいは豚毛ブラシなどでほこりを落とす 
  1. 肩幅のあっているハンガーにジャケット、裾を上に向けた状態でズボンハンガーにスラックスをかける 
  1. スチームアイロンでしわを伸ばす 
  1. 風通しの良い場所で陰干ししてからクローゼットになおす 

 

以上のメンテナンスで、オーダースーツを良い状態に保てるはずです。 

 

クリーニング方法を理解してオーダースーツを管理

オーダースーツと長く付き合うため、クリーニングは欠かせません。ただし、適切に利用しないと、高価なオーダースーツであっても傷んでしまいます。利用頻度の目安は、1シーズンあたり1~2回程度とされています。汚れが目立つときは、上下セットで早めに出しましょう。信頼できるクリーニング店を利用することも重要です。さらに詳しい情報が必要な場合は、オーダースーツ店やクリーニング店で相談してみるとよいかもしれません。