スーツに合わせるコートに悩む…種類ごとの特徴と選び方の基本

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツに合わせるコートに悩む…種類ごとの特徴と選び方の基本

スーツに合わせるコートに悩む…種類ごとの特徴と選び方の基本

肌寒さを感じる秋冬に毎日着るコート選びに悩むビジネスマンは多いはずです。プライベート用なら自分の好みに合わせることができるものの、スーツに合わせるとなるとTPOを加味しての選択が必要です。ビジネスシーンに適した大人の着こなしをするための選び方について学んでいきましょう。さらにNGな選び方も知ることで、失敗することはなくなります。

ビジネスマンは4種類から選択

ビジネスマンがスーツに合わせるコートを選ぶ場合、まずそれぞれの種類による特徴を把握すべきです。ステンカラーはシンプルなデザインで直線的に折り返された襟型であるのがセールスポイントです。襟を立てることで防寒性も高められます。幅広い年代に愛用される種類となります。色はベージュやネイビーで秋冬らしさを強調するのが基本です。柄物を選択すればカジュアルな雰囲気を演出できます。

アルスターは少し広めの襟を使っており、襟を立てての防寒もしやすいです。さらにダブルの前立てでクラッシックな演出ができます。ダークカラーのスーツと合わせると色合いが良く、ストールやマフラーとの相性も抜群です。

トレンチはビジネスからカジュアルまで幅広いシーンで着用できます。上品で社交的な雰囲気を演出したい場合に便利です。見る角度によって印象が変わって着こなしを楽しみやすい種類です。チェスターはジャケットよりも長い丈で襟がテーラードジャケットの形をしています。フォーマルな印象が強いコートを求める場合に適しており、同色系でまとめるのがポイントです。

コート選びの基本とNGな選択とは

ビジネス用のコート選びで悩む方はまずどういった印象を与えたいかを考慮しましょう。種類ごとの特徴を考えて選択すれば失敗することはありません。色選びにおいては王道となるのはベーシックカラーとなるブラック、グレー、ネイビー、ベージュなどの色です。着丈はジャケットよりも長くし、フォーマルな印象を与えるようにしましょう。袖丈は手首よりもほんの少し長い程度で問題ありません。

サイズ感が合わないことやカジュアル寄りになるのはNGな選択です。あくまでもビジネスマンがビジネスシーンでスーツに合わせることを大前提としましょう。背の低い方はショート丈で目線が上に向かないようにし、太っている方はロング丈を選択して重厚な印象を演出するのがおすすめです。

オーダーするのもひとつの方法

スーツに合わせるコートに悩むビジネスマンはオーダーするのもおすすめです。好みの生地で仕立てることができて、多岐にわたるデザインから選択できます。トレンドに左右されることなく、長期的に着用していける一着を求める場合にオーダーが最も確実な方法です。今現在着用するスーツとの相性や求める着こなし、そして細かな特徴のあるデザインを選択して周囲との差を広げることができます。

スーツと比べると悩むことは少ないと思う人もいるものの、基本を押さえたうえで選択するためのポイントを熟知しておく必要があります。秋冬には毎日のように着用するからこそ自分の体型や好みに合わせ、良質な生地や上質な着こなしが実現するデザインを選択するのがおすすめです。

まとめ

スーツに合わせるコート選びは悩む要素がたくさんあります。ビジネスマンに適した4種類の特徴を加味して相手に与える印象を重視しましょう。選び方の基本とNGな選択を知っておけば失敗することはありません。今現在着用するスーツとの相性も考えないといけません。基本となるのは同色系でまとめることです。既製品で自分の理想通りに選択できない場合は思い切ってオーダーするのもひとつの方法です。周囲との差を広げる選択ができます。基本的なTPOを守りつつもオシャレに仕上げることができます。