メンズスーツのコーデを5つのポイントに分けて解説!

オーダースーツ完全網羅 おすすめ比較ランキング50店 1121人の辛口調査結果公開 > コラム > メンズスーツのコーデを5つのポイントに分けて解説!

メンズスーツのコーデを5つのポイントに分けて解説!

メンズスーツをおしゃれに着こなしている男性は、異性からも同性からも好印象を与えます。 とはいえ、スーツを着こなすのは意外と難しいものでもあります。 スーツをコーディネイトするうえで、間違ってはいけないポイントとはどんなものなのでしょうか。

 

 

メンズスーツの5大コーデポイント

個性を出しすぎても浮いてしまいますが抑えすぎると映えないため、メンズスーツのコーディネイトは難しいものです。 メンズスーツをおしゃれに着こなすため5つのポイントを挙げてみます。

 

Yシャツ

最近は自宅で洗濯できてすぐに乾くポリエステル混合シャツが人気ですが、毛玉ができやすく蒸れやすいので、着心地もイマイチです。 こだわりを見せるなら、着心地も風合いも良い綿100%のものを選ぶと良いでしょう。

 

最近増えてきたボタンダウン型のシャツは、もともとスポーツ起源なのでスーツスタイルに適しているとは言い切れません。 TPOにもよりますが、なるべく避けたほうがベターです。 スーツの袖口からシャツをチラ見せすることは着こなしの基本です。 1cm程度見えるのが理想で、シャツの袖口にラインなどが入っているものも洒落ています。

 

スーツの着こなしは時代とともに変化していますが、基本の靴はブラックの内羽式ストレートチップが定番です。 いくらスーツがおしゃれでも靴がチープだと台無しになってしまいますので、上質な革靴は大人のスーツスタイルの必須アイテムです。 定番ばかりだと面白みに欠ける場合は、靴の特徴を理解しデザイン性のあるものを選んでみましょう。

 

ネクタイ

スーツのラペル(下襟)幅とネクタイの太さを合わせるとVゾーンのバランスが良くなります。 細いラペルには細いネクタイ、太いラペルには太めのネクタイを合わせるようにしましょう。 ネクタイの締め方でも印象が変わり、現在はプレーンノットが主流になっています。

 

ベルト

ベルトと靴の色は必ず合わせるようにしましょう。 特にブラウンの場合はトーンによって違いが出てしまうので、なるべく濃淡も合わせるようにしてください。 靴に合わせるのが面倒な場合は、ブレイシーズ(サスペンダー)を取り入れてみましょう。 色はスーツの裏地やネクタイに合わせるなど様々で、オーソドックスな色でしたら幅広く活用できるので便利です。

 

小物

日本のビジネスシーンではあまり浸透していない小物類ですが、欧米諸国では当たり前に使うアイテムです。 TPOに合わせてさりげなく取り入れることができれば、おしゃれ上級者といえるでしょう。 白のポケットチーフはフォーマルシーンにも使えるので、一枚あっても無駄にはなりません。

 

ビジネススタイルではスクエア型にして控えめに見せることで、精悍な印象を与えます。 カフスやネクタイピンは派手なものを選ばず、質の良いものをさりげなくアピールするようにしましょう。

 

 

コーデのポイントを押さえて印象アップを目指す

メンズスーツのコーディネイト方法について解説しました。 スーツという制限ある中でのおしゃれは難しいものではありますが、アイテムの組み合わせによっては無限大とも言えます。 TPOに合わせてステキなコーデを楽しんでみてください。

 

 

口コミ投稿フォーム

PAGE
-TOP