スーツのシャツの襟の形と与える印象の違い

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツのシャツの襟の形と与える印象の違い

スーツのシャツの襟の形と与える印象の違い

スーツに欠かせないシャツ。選び方にはさまざまなポイントがありますが、「襟の形」にも種類があり、選ぶ種類により大きく印象が変わることをご存知ですか?

 

今回の記事では襟の形に焦点を当て、種類によってどのような印象になるか、どのようなシーンに適しているのかを解説していきます。

 

スーツのシャツの襟の形の種類

 

スーツ着用時のシャツの襟には、次のようにさまざまな形があり、形によって与える印象も変わります。

 

襟の種類

特徴

着用シーン

レギュラーカラー

ビジネスシーンで一般的に最も多く使われている形。ジャケットやネクタイを選ばず組み合わせられる。

どのようなシーンにも適する

ワイドカラー

レギュラーカラーより襟の開きが大きめになっている。首元がスッキリとした印象になる。

どのようなシーンにも適する

ホリゾンタルカラー

襟の開きがほぼ垂直に大きく開いている。太いネクタイとの相性が良い。

色柄によりどのようなシーンにも適する

ボタンダウンシャツ

襟の先端をボタンで留めるタイプ。ノーネクタイでもきれいに見せることができる。

スポーティースタイル・カジュアルスタイル

 

スーツを着るシーン別のシャツの襟の選び方

 

シャツの襟はスーツを着るシーンによって使い分ければ、スマートな着こなしが実現します。

 

ビジネスシーンでスーツと合わせる

 

ビジネスシーンにおいてスーツと合わせるのであれば、レギュラーカラーが最もおすすめです。一般的によく利用されている種類であり、誠実で真面目な印象を与えることができるでしょう。

 

また、ワイドカラーやホリゾンタルカラーもスーツとの相性は良好です。ネクタイとの相性も良いことから、ビジネスシーンではレギュラーカラー・ワイドカラー・ホリゾンタルカラーを選ぶことをおすすめします。

 

クールビズでのノーネクタイスタイル

 

ノーネクタイスタイルとの相性が良いのは、ボタンダウンです。襟先がボタンで留められていることから、ノーネクタイでも形が崩れにくく、清潔感のある印象をたもつことができます。

 

結婚式などのフォーマルシーン

 

フォーマルシーンで活躍するのは、やはりウィングカラーです。タキシードやモーニング、蝶ネクタイ、アスコットとの相性が良いことから、フォーマルシーンにおいては欠かせないシャツとなるでしょう。

 

スーツに欠かせないシャツ!襟の形はシーンに合わせて

 

スーツに欠かせない存在であるシャツにはさまざまな選び方がありますが、着用シーンに合わせて襟の形を選ぶことも大切なポイントです。ビジネスシーンならレギュラーカラー、クールビズならボタンダウン、フォーマルシーンではウィングカラーと適切に使い分けましょう。

 

しかし、襟の形は細かな違いによってさらにさまざまに分けられます。もしご自身に似合う一着を求めるのであれば、専門家に相談してアドバイスを受けてから選びましょう。