スーツのシャツを出すほうがよい時ーかっこよく着るポイントも解説

オーダースーツ完全網羅 おすすめ比較ランキング50店 1121人の辛口調査結果公開 > コラム > スーツのシャツを出すほうがよい時ーかっこよく着るポイントも解説

スーツのシャツを出すほうがよい時ーかっこよく着るポイントも解説

服装に強いルールを求めない会社が増えたことや、クールビズ促進によってビジネスマンのスーツスタイルにも変化が出てきました。 スーツはシャツインするのが基本ルールですが、カジュアルスタイルの場合にはシャツの裾を出す人が増えています。 シャツを出すスタイルについてのポイントなどを調べてみました。

 

 

スーツでシャツ出し(タックアウト)するとき

スーツはシャツインしているイメージが強いですが、シャツ出しするのはどんな時でしょうか。

 

スーツの種類

セットアップのスーツの場合は、パンツやジャケットの丈の長さを基準にします。 パンツの足首が出るようなアンクル丈の場合や、ジャケットの丈が短い場合はシャツの裾出しが似合います。

 

クールビズ

クールビズはジャケットを着ずにシャツだけや、ネクタイをしないビジネススタイルです。 ポロシャツを着る場合が多くなりますので、この時は裾を出したままで大丈夫です。 シャツインしないだけでウエスト周りが涼しくなるので、クールビズの理にかなっている着こなしと言えます。

 

TPOに合わせる

裾出しがOKと言っても、職場によっては駄目な場合もあります。 普段は大丈夫でも外回りや訪問の際にはシャツインが必要になる場合もあるので、会社の決まりやTPOに合わせた対応をしましょう。

 

 

シャツ出しのポイント

シャツを出すとカジュアルすぎて見えることがあります。 だらしなく感じられるのは着方などが間違っているからなので、タックアウトするときにだらしなくならないためのポイントをいくつか解説します。

 

ジャケットの長さに注意

一般的なスーツのジャケットは裾が長めに作られているため、タックアウトするとだらしない印象になってしまいます。 着丈や袖が短いものがカジュアルジャケットの特徴なので、タックアウトの際は短めのジャケットを選ぶようにしましょう。

短いジャケットを着用する際は、シャツの着丈が長くなってしまうことで胴が長く見えるので注意が必要です。 着こなし方が若年層のものなので、年相応に見られずビジネスに時には不向きです。

 

ワイシャツの長さに注意

ワイシャツは、ズレや浮いてくることを防ぐ意味でもタックイン前提でつくられています。 通常のワイシャツの裾が長いとだらしなくなるため、ジャケットを羽織らない場合も羽織る場合も短い着丈のシャツを合わせるようにしてください。 ちょうどいい丈の長さは、腰骨にあるベルトと股下の中間くらいにおさまる長さです。

 

シルエット

ダサく見える理由にはシルエットが関係します。 ダボっとしたシルエットになるとどうしても野暮ったく見えるので、身体全体が映る鏡などでシルエットを確認しましょう。 大きめのサイズを選ぶよりもジャストサイズを選べば、スリムなシルエットになります。 反対にスリムさを求めすぎてサイズを小さくしすぎると、身体のラインが強調されすぎるので逆効果です。

 

 

長さに気を付けて大人の着こなしをしましょう

タックアウトについて説明してきました。 サイズを間違えるとせっかくのタックアウトでのおしゃれも台無しになってしまいます。 シャツとジャケットの長さには気を付けて、すっきりとした大人の魅力を出せるようにしましょう。

 

 

口コミ投稿フォーム

PAGE
-TOP