オーダースーツはいくらで作る?予算決めのポイントを解説

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツはいくらで作る?予算決めのポイントを解説

オーダースーツはいくらで作る?予算決めのポイントを解説

オーダースーツを作りたいけど、いくらかければよいかわからないと悩んでいませんか。最近では、手ごろな価格から作れるので、どうやって決めればよいかわかりませんよね。お困りの方のために、オーダースーツの予算を決めるポイントを解説いたします。さらに、予算を決める前に知っておきたい、オーダー方法の違いも紹介します。オーダースーツ選びの参考にしてください。

 

 

いくらのオーダースーツが良い?予算を決めるポイントとは

オーダースーツの予算は、スーツを仕立てる目的に合わせて決めるとよいでしょう。予算の目安は以下の通りです。

 

オーダースーツの目的

予算の目安

・普段使いのスーツをオーダーしたい

・スーツに特別なこだわりはない

・3万円程度~

・ディテールをカスタマイズして、こだわりのスーツを仕立てたい

・5~8万円程度~

・ディテールはもちろん生地にもこだわりたい

・大切な日に着用できるスーツを仕立てたい

・10万円程度~

 

いずれを選んでも、既製服より体型にフィットしたスーツを仕立てることは可能です。

 

 

予算決めで押さえておきたいオーダー方法の違い

オーダースーツの予算を決めるときは、オーダー方法の違いも理解しておく必要があります。オーダー方法には、以下の種類があります。

 

・パターンオーダー

・イージーオーダー

・フルオーダー

 

それぞれの特徴は以下の通りです。

 

 

パターンオーダーの特徴

サンプルスーツの中から自身のサイズに合っているものを試着して、袖丈や着丈、ウエストやパンツ丈などを調整するオーダー方法です。メリットは低価格でオーダースーツを仕立てられることとサンプルスーツを着用するので仕上がりをイメージしやすいこと、デメリットはサイズを調整するだけなので体型に合わせられない(体型補正)ことです。

 

 

イージーオーダーの特徴

サンプルスーツの中から自身のサイズに近いものを試着して、体型に合わせた補正を行うオーダー方法です。基本的には、スタイルやディテールなども自由に決められます。メリットは体型に合わせたスーツを仕立てられること、デメリットは工場のパターンをもとに補正を行うのでイメージ通りに仕上がらない恐れがあることです。

 

 

フルオーダーの特徴

テーラーが採寸を行い、職人が縫い上げるオーダー方法です。仮縫い、クセとり(アイロン)を行うことで、イージーオーダーよりも精度の高い体型補正を行えます。もちろん、スタイルやディテールなども自由に決められます。メリットは理想のスーツを仕立てられること、デメリットは3つのオーダー方法で最も料金が高いことと納品に2~3カ月程度かかることです。

 

 

オーダースーツの予算はこだわりで異なる

オーダースーツの予算は、目的に合わせて決めましょう。普段使いのスーツであれば3万円程度~、ディテールにこだわりたいのであれば5~8万円程度~、生地にもこだわりたいのであれば10万円程度~仕立てられます。ただし、オーダースーツの料金は、オーダー方法によっても異なります。最も自由度が高くて高価なのがフルオーダー、最も自由度が低くて安価なのがパターンオーダーです。以上を理解したうえで、予算を決めましょう。