国別からみるオーダースーツの特徴!それぞれのスタイルについて

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 国別からみるオーダースーツの特徴!それぞれのスタイルについて

国別からみるオーダースーツの特徴!それぞれのスタイルについて

日本で働くビジネスマンの多くが、さまざまな色や柄のスーツを着用したうえで、毎日の勤務にあたっています。このような背景のなか、日本以外の国々では、どのようなスーツがトレンドとなっているのでしょうか? このページでは、オーダースーツにまつわる国別の特徴やスーツの発祥地でもあるイギリスについて紹介します。

 

オーダースーツの国別の特徴

世界各国の国々によって、オーダースーツの特徴や着こなし方が異なります。 ここでは、ブリティッシュスタイルとイタリアンスタイル、アメリカンスタイルの3種類について詳しく解説します。

 

ブリティッシュスタイル


ブリティッシュスタイルとは、英国風や英国調の雰囲気を取り入れたスーツのことを指します。ブリティッシュスタイルには、以下のような特徴があります。

 

■ジャケット
・肩パッドを入れたうえで、スクエアショルダーにするケースが多い
・高いウエスト位置とタイトに絞ったシェイプラインが特徴的
・ダークグレーやダークブルーを基調としたものが多い
・グレンチェックやピンストライプといった柄が採用されている
・生地は温かく重厚感のある素材が使用されている
・ジャケットの片側にだけ2つのポケットが取り付けられている

 

■シャツ
・襟と袖のカフス部分には、白色をチョイスされることが多い
・身頃部分には、白色以外のカラーや柄物の素材が使われる

 

イタリアンスタイル


イタリアンスタイルのスーツは、ブリティッシュスタイルの要素を取り入れながらもデザイン性や機能性、着心地にこだわったものが多い特徴があります。イタリアンスタイルの詳しい特徴やポイントについては以下のとおりです。

 

■ジャケット
・肩はブリティッシュスタイルと異なり、ジャストサイズを意識
・ウエストはゆるやかで自然なラインが特徴的
・イタリアのミラノでは、淡い色のジャケットがトレンド
・柔らかい素材を使用しているものが定番

 

■シャツ
・ワイドスプレットカラーのシャツがトレンドとなっている

 

アメリカンスタイル


アメリカンスタイルのスーツは、寸胴型のシルエットに「着やすさ」が表現されているスーツとなります。また、アメリカンスタイルのスーツは、直線的なライン・シルエットが採用されています。そのため、「着る人の体型を選ばない」や「どんな人でも似合う」といった特徴を持っているスーツとなっています。

 

■上着(ジャケット)
・肩部分に装着するパッドを入れない「ナチュラルショルダー」が採用されている
・ウエストのラインが広く、スーツ全体の線も直線的
・派手な色柄のスーツが多い

 

■シャツ
・ボタンダウンシャツがアメリカンスタイルのスーツにもっともマッチする
・スポーティーでカジュアルな印象のスーツが多い

 

スーツの原型はイギリスで誕生

ヨーロッパに属するイギリスは、現代のオーダースーツに関する原型が生まれたエリアとなっています。現代もなお貴族文化の面影が残っているイギリスには、「ジーンズを履いた経験がない」といった人も少なくありません。 それゆえ、現在でもイギリス国内にある「サヴィルロウ」という名の通りには、昔ながらのスーツ製法を頑なに守り続けるスーツ職人が軒を連ねているくらいです。 前述のことから、イギリス製のスーツが、常に世界のファッションにまつわるトレンドをリードしているといえるでしょう。

世界各国のオーダースーツの特徴を押さえておこう

オーダースーツには、ブリティッシュスタイル・イタリアンスタイル・アメリカンスタイルの3種類があります。また、それぞれのスタイルによって、スーツの特徴や着こなし方などが異なります。

オーダースーツをおしゃれに着こなすためにも、あらかじめ世界各国のスーツスタイルに関する特徴や着こなし方などを押さえておきましょう。