生産国別・スーツ生地を比較してみた

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 生産国別・スーツ生地を比較してみた

生産国別・スーツ生地を比較してみた

スーツ生地は国によって特徴が大きく異なります。把握しておくことで、オーダースーツを注文するときにとても役に立つことででしょう。そんなスーツ生地について、生産国別の特徴を解説しています。またオススメのスーツ生地も紹介していますので、オーダースーツを検討している方は参考にしてみてください。

 

 

生産国別にスーツの生地の特徴を比較

スーツが有名な国と言えばイギリス・イタリアですが、日本国内でも魅力的なスーツがたくさん生産されています。ここでは、そんな3つの生産国の特徴を比較しています。

 

イギリス

スーツ発祥の国と言っても良いイギリスでは、光沢感を重視したカチッとした触り心地が印象的です。重厚感があるためイタリアのスーツに比べるとずっしりした特徴がありますが、耐久性に優れているためパキッと着ることができます。また流行ではなく素材の良さを重視しているので、着込むほど体に馴染んでいくようになっています。

 

<有名なスーツブランド> ドーメル、アルフレッド・ダンヒル

 

イタリア

「ファッションと言えばイタリア」と言っても過言ではないほど、世界のトレンドリーダーになっています。イタリアのスーツ生地はバリエーションが豊富な柄やソフトでしなやかな触り心地、ツヤ感などが大きな特徴です。またボディラインを美しく見せるところにもこだわっています。

 

<有名なスーツブランド> エルメネジルド・ゼニア、ロロ・ピアーナ

 

日本

国産という意味ではとても安心・信頼できます。イギリスやイタリアに比べると安価ですが、機能性に優れており何より日本人の体型に合っていることから体のラインを美しく見せてくれます。色柄はイタリア製に寄せているところがありますが、それよりも機能性を大事にしているのが日本のスーツの特徴になります。

<有名なスーツブランド> 五大陸、TAKEO KIKUCHI、ビームス

 

 

おすすめのスーツ生地をチェック

スーツ生地もブランドによってさまざまですから、オーダーする前に確認しておくとより理想的なスーツを仕立ててもらうことができます。ここではオススメのスーツ生地について解説します。

 

エルメネジルド・ゼニア

北イタリアのメーカーで、1910年に創業されました。最高な素材と優れたデザインをポリシーに、スーツをはじめジャケットやスポーツウェアなどさまざまな製品を展開しています。また超高級ブランド生地ということで、アルマーニやシャネルなど世界トップクラスのブランドが使用していることでも知られています。

 

スキャバル

ベルギーで作られている生地ブランドです。1938年設立と歴史も古く、ヨーロッパのみならず世界中で多くのスタッフを抱えています。大統領や世界のVIPが愛用していることでも知られており、映画の衣装協力も行っているためハリウッド界のファンも多くいると言われています。また世界で初のバンチシステムを導入しているのも特徴です。

 

K-51インターナショナル

生地や裏地、ボタンなど日本ではNo.1の品揃えを誇っています。そのため満足のいくスーツを選ぶことができるでしょう。またとことんこだわった品質やベーシックからトレンドまで幅広いデザインを取り扱っているので理想的なスーツを仕立ててくれるでしょう。

 

 

スーツを選ぶときは生地にこだわろう

スーツの生地にもいろんな種類があります。そのため、ブランドだけで選ぶのではなく“どんな生地を使っているのか”というところまでしっかり見て選ぶようにすると、より理想的なスーツを作ってもらうことができるでしょう