オーダースーツの寿命を延ばす正しいデイリーケアを徹底解説

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツの寿命を延ばす正しいデイリーケアを徹底解説

オーダースーツの寿命を延ばす正しいデイリーケアを徹底解説

オーダースーツの寿命を延ばす正しいデイリーケアを徹底解説

オーダースーツは自分の拘りを反映したこの世にひとつしか存在しないものです。大きく体型が変化しない限りは長期的に着用していけます。何度も買い替えるものではないからこそ、オーダースーツの寿命を延ばす正しいデイリーケアをしていくのがおすすめです。日々の生活のなかで正しいデイリーケアを行うのはそう難しくはありません。すぐに実践できる簡単な対応となるため、覚えていきましょう。

連続着用をしないのがポイント

オーダースーツを連続着用することで型崩れにつながってしまいます。さらに、多くの湿気による生地へのダメージも大きくなるものです。大切に着用していくためには連続着用しないことを大前提とした方がよいでしょう。ビジネスマンの場合は仕事の際にスーツを着用することになるため、着まわすために複数着用意すべきです。さらに、ポケットにものを入れたままにすると型崩れの原因となってしまいます。

スーツは消耗品であるからこそ、いずれは修理あるいは破棄しないといけないときがくるものです。しかし、正しいデイリーケアの基本である連続着用しないことを実践するだけでも寿命を延ばすことができます。お気に入りの一着だからこそより多く着用したい気持ちをぐっとこらえて長持ちさせることを第一と考えましょう。

正しい収納の方法で型崩れを防ぐ

オーダースーツを収納する際にはポケットのものを取り出してフロントボタンを外し、スーツとスーツの間は適度にあけるようにしましょう。ハンガーはプラスチック製やワイヤー製を選択せず、ジャケットやパンツに適した木製を選択しましょう。ブラッシングも天然毛ブラシを選択し、直角に生地にあげながらホコリをかき出すように上下に動かすのが正しい方法です。しわ取りは着用したその日に行うのが望ましく、シワ取りスプレーや霧吹きで水をかけるなどして対応しましょう。頑固なシワの場合はスチームをあてることで簡単に取れます。

手入れはもちろん、収納の方法を間違えてしまっている人も少なくありません。デイリーケアは日々の生活を送るうえで継続的に行わないと効果を発揮しません。ちょっとした認識違いでデイリーケアの意味がなくなってしまうことを頭に入れておきましょう。

見た目で汚れがなくとも油断禁物

見た目で何も汚れていなくとも汗やフケ、ホコリや花粉とスーツは汚れるものです。汚れをそのままにしてしまうと寿命が短くなってしまうため、帰宅してからすぐにデイリーケアを行うようにしましょう。毎日ブラッシングをするのが難しい場合は3日に1回は行うようにすべきです。

水溶性のシミはタオルやおしぼりなどで汚れを叩いて移していき、完全に汚れを取り除くまで行うようにしましょう。油溶性のシミはまず固形物を可能な限り取り除き、ハンカチやティッシュで油分を吸い取っていきましょう。不溶性の汚れは自分で対応しても落ちにくく、生地を傷めてしまう可能性もあるため、クリーニングに出すことを視野に入れるべきです。汗ジミは濡らしたタオルを生地に叩いて汗を移すようにしましょう。見た目の汚れを落とすのはもちろん、目に見えない汚れも正しいデイリーケアで落とすことできれいに保つことができます。

まとめ

オーダースーツの正しいデイリーケアはそれほど難しくないのは理解できたでしょうか。当たり前のことを当たり前に毎日行っていくだけで寿命を延ばすことができます。ビジネスマンは特に仕事の際にスーツを着用するため、消耗度が激しいです。愛着のあるオーダースーツをできるだけ長持ちさせるために正しいデイリーケアを実践していきましょう。日々の生活での当たり前の習慣としていくことで無意識のうちに実践していくようになります。