【イタリアとイギリス】スーツ生地の違いと特徴を網羅

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 【イタリアとイギリス】スーツ生地の違いと特徴を網羅

【イタリアとイギリス】スーツ生地の違いと特徴を網羅

スーツの2つの系統であるイタリアとイギリスではどういった違いがあるか分からない人も多いはずです。それぞれの特徴を把握しておけば自分に合った選択ができて、アレンジもより楽しめるようになるでしょう。特にオーダースーツを作る場合には生地選びから行うため、特徴を把握しておく必要があります。自分にピッタリの生地を選択すればより愛着が生まれて長期的に着用していけるでしょう。

イタリアとイギリスの違いについて

アルマーニをはじめとしたイタリアのスーツは羽織れることを目指して作られたといわれており、身体のラインが出やすくデザインであるのが特徴です。生地は艶があって肌触りが滑らかで柔らかさがあります。さらに柄が豊富で褐色のよさも特徴となります。イギリスでは伝統的にベーシックなスタイルを好む傾向があり、タイト目の着こなしができるのが特徴です。生地は分厚くてハリがあって、耐久性や復元力に優れています。

イタリアの気候は晴天が多くて乾燥しており、イギリスは1年中曇りが多くて湿気が高い気候です。それぞれの国の気候によってスーツ生地の違いが生まれています。また、イタリアは楽観的国民性であるイギリスは保守的な国民性であり、国民性による違いの影響も大きいです。

イタリアとイギリスのどちらを選択すべきかの基準

基本となるイタリアとイギリスの違いを把握したうえで問題となるのはどちらを選択すべきかとなります。イタリアは華やかなスタイルを追求したい場合に適しています。ファッションを楽しみたい人にもピッタリです。生地がヘタってしまうのも緩やかであるため、長期的に着用していきやすいです。イギリスは重量感があってしっかりしたシルエットで力強さやたくましさを強調したい場合に適しています。丈夫でハリのある厚手の生地であるため、湿気に負けることも少なくなります。

いちがいにイタリアとイギリスのどちらを選択すべきは断言できず、それぞれの特徴を加味したうえで好みに合わせての選択をしましょう。どちらを選択しても一長一短あるのは間違いありません。

着用シーンを想定しての選択が肝心

イタリアとイギリスのどちらを選択するかはまず違いを把握しないといけません。そして、着用シーンを想定しての選択も心がけた方がよいでしょう。パーティーなどの華やかなシーンに適しているのはイタリアで、フォーマルな場に適しているのはイギリスです。また、ビジネスマンがビジネス用で着用する場合はイギリスに分があります。耐久性と復元力に優れ、さらにシワになりにくいという特徴が長時間かつ長期間の着用に適している要素です。

どちらも高価なものであるからこそ、テーラーと相談しながら決めていくのがおすすめです。経済的に余裕があるのならイタリアとイギリスの両方のスーツをオーダーするのもよいでしょう。着用シーンに合わせて着まわすことができます。一つ一つ自分の好みに仕立てられるオーダーなら、TPOに合わせて選ぶこともできて理想的な一着に出会うことができるでしょう。既製品では実現しないオリジナリティ溢れるスーツスタイルを形成していける高級生地を採用することで、周囲との差別化を図ることもできます。

まとめ

イタリアとイギリスのスーツ生地の違いは把握できたでしょうか。どちらを選択しても一長一短あるため、自分の好みや着用シーンを想定して選択をしましょう。可能であるのならどちらもオーダーして場面に応じて着まわしていくのがよいでしょう。イタリアはファッションを楽しみたい人に適しており、イギリスはしっかり目のスタイルを形成したい人に適しています。高価な買い物とはなるものの、長期的に着用していける理想的な一着を手に入れることができる魅力を持ち合わせています。