ビジネスマン必見!失敗しないオーダースーツの選び方を網羅

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ビジネスマン必見!失敗しないオーダースーツの選び方を網羅

ビジネスマン必見!失敗しないオーダースーツの選び方を網羅

オーダースーツは自由に生地やデザインを選択して自分の好みを反映できるのがセールスポイントです。しかし、ビジネスマンはビジネスの場で問題なく着用できるかを考えないといけません。目的から外れた選び方をするのはNGです。ビジネスマン向け失敗しないオーダースーツの選び方を解説していきます。ビジネスマインドを高めたいビジネスマン必見です。

目的に沿ってオーダースーツを作っていく

オーダースーツを作っていくにあたって失敗しないためにはまず目的を選定しないといけません。ビジネスマンの場合はビジネス場で着用することを大前提とするでしょう。営業で外回りをする場合は雨対策で水をはじく生地が望ましく、カジュアル過ぎると職場で浮いてしまう場合はフォーマル仕様に作っていく必要があります。

もちろん、どの季節によって着用するスーツであるかによっても選択は変わっていきます。どの生地を採用するかに加え、季節に適した色の選択もしていくのが基本です。冬物は暗い色を選択し、夏物は涼しげで明るい色を選択しましょう。体型に合わせての作っていくのは当然として、見栄えを考えてストライプ柄を取り入れて縦に細く見せるかの選択もあります。

何となくスーツをオーダーすれば望むべく一着になると考えるべきではありません。明確な目的を選定したうえでの選び方をしないとお気に入りの一着とはならないでしょう。

ビジネススーツの基本ルールについて

それぞれの職場によってスーツマナーは異なるものの、基本となるビジネススーツのルールは覚えておかないといけません。まず使っても問題ない色は紺とグレーで柄は無地であるのが望ましいです。ボタンダウンシャツを合わせるのがNGでパンツの裾をダブルで仕上げるなどのルールがあります。ビジネスマンは自分の職場でどれだけ融通が利くかを事前に確認しておいた方がよいでしょう。

当然ながら職場のスーツマナーに反していると大失敗となります。失敗しないスーツをオーダーするためには職場のスーツマナーは把握しておきたいところです。また、パターンオーダー、イージーオーダー、フルオーダーのどれを選択するのが失敗しないかも考えないといけません。

パターンオーダーは納期が最も短くて袖丈やパンツ丈を合わせるだけのオーダー方法です。イージーオーダーはケージ服に合わせてサイズを調整し、裏地やボタンといった細かな調整ができます。フルオーダーはすべてにおいて自由にオーダーする方法です。どのオーダーの方法が自分に適しているか考慮しましょう。

信頼できるテーラーと二人三脚で作り上げる

失敗しないオーダースーツの選び方をするのに欠かせない存在であるのがテーラーです。テーラーと相談しながら好みやライフスタイルなどを加味して作り上げることになります。今までのテーラーとしての実績、採寸や補正を的確さ、アフターフォローについては事前に聞いておいた方がよいでしょう。

質問した内容についてスムーズに返答できない場合は信頼できるとは言い難いです。失敗しないために別のテーラー及び別店舗を選択するのもひとつの方法です。特に初めてスーツをオーダーする人は分からないことだらけであるため、テーラー頼りになります。適切な選び方をしてくれるテーラーの存在が愛着のある一着を作ることになります。

まとめ

ビジネスマンはビジネス場に相応しいスーツをオーダーして作っていく必要があります。目的を選定してそれぞれの職場で異なるスーツマナーを加味すれば失敗しない選び方になっていくものです。さらに、オーバースーツを作るためのプロであるテーラーが信頼に値するのなら適切な提案をしてくれて、分からないことがあっても質問すれば返答してくれます。何となくスーツをオーダーすることで失敗する可能性は高まるため、テーラーに相談する前に事前準備をしておきましょう。