ビジネススーツではNG?TPOに合わせたスーツのドレスコードとは

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ビジネススーツではNG?TPOに合わせたスーツのドレスコードとは

ビジネススーツではNG?TPOに合わせたスーツのドレスコードとは

ビジネススーツは仕事・出張・イベントへの出席・冠婚葬祭など多用途に着回すことができます。しかし、場合によってはビジネススーツでは恥ずかしい思いをする可能性も。 

ここでは、社会人としてビジネススーツを着ることができないドレスコードについてのポイントと、ビジネスカジュアルの特徴を紹介します。 

 

ビジネススーツではダメ!TPOの合わせたドレスコード

ビジネススーツを着るにふさわしくないケースを踏まえ、ドレスコードについて詳しく紹介します。 

 

ドレスコードの分類

ドレスコード(服装規定)は以下のような段階に分けられています。 

  • フォーマル 
  • セミフォーマル 
  • インフォーマル 
  • スマートカジュアル 
  • ビジネスカジュアル 

このうち、葬儀でのドレスコードはフォーマル、結婚式はセミフォーマルまたはインフォーマルと決められています(※格式ある祭典や結婚式での新郎新婦の両親はフォーマル着用)。 

セミフォーマルから上の男性の服装はタキシードまたはブラックフォーマルを着用し、インフォーマルからビジネスカジュアルまではビジネススーツの着用が許されます。 

 

葬儀ではブラックフォーマルが基本

冠婚葬祭のうち、葬儀ではビジネススーツではなく黒のフォーマルスーツを着用します。 

ビジネスの場に黒がふさわしくないとされてきた経緯もあるため、仕事着としてのビジネススーツは黒以外の色を使うか、濃くない黒色の生地を選びましょう。 

 

スリーピーススーツの着方に注意

ジャケット・ベスト・パンツの3点はスリーピースと呼ばれ、初期のスーツの基本形とされてきたものです。 

しかし現在ではベスト=オシャレを楽しむものというイメージに変わったため、初対面の相手の前でスリーピースを着ることはマナー違反になる可能性があります 

また、葬儀でスリーピースを着用すると、喪主よりも格式が上になってしまうため無作法に当たるおそれ 

就職活動においてもオシャレに着飾っているというマイナスの印象を与えるため、リクルートスーツを着用するようにしてください。 

 

ビジネスシーンでよく聞くビジネスカジュアルのポイント

ここからは、ビジネスカジュアルのポイントについて解説していきます。 

 

堅苦しくないオフィスでの服装

ビジネスカジュアルとは、ビジネスの場でカジュアルに着こなす服装のことを指します。 

ジャケットにパンツのスタイルが一般的で、必ずしもスーツを着用する必要はありません。 

 

丈や素材も柔軟に

ビジネスカジュアルスタイルは、細身のジャケットとパンツが好まれますが、体型に合っているものが一番すっきりとまとまって見えます。 

リネンなどの通気性の良い素材を選べば、ビジネスカジュアルらしい清涼感や清潔感が演出できるでしょう。 

 

状況に合うスタイルを選ぼう

ビジネススーツはどこへでも着回せるわけではなく、フォーマルやセミフォーマルの場では場違いな服装になってしまうため注意が必要です。 

TPOに合わせてスーツスタイルを整えることはもちろん、スーツの色や素材、アクセサリーの装着についてもその場の状況に配慮することが大切です。