オーダースーツで押さえたいイギリスのスーツスタイルの魅力特徴

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツで押さえたいイギリスのスーツスタイルの魅力特徴

オーダースーツで押さえたいイギリスのスーツスタイルの魅力特徴

イギリス発祥のスーツスタイルはブリティッシュスタイルとも呼ばれ、男性のスーツの装いとして16世紀から現在まで500年以上の伝統をもっています。 

ここでは、イギリスで始まった伝統的なスーツスタイルの特徴とその魅力、正しい着こなしについて詳しく紹介していきます。 

 

イギリスのスーツスタイル(ブリティッシュスタイル)の魅力特徴

イギリスのスーツスタイルの魅力や特徴についてみていきましょう。 

 

男らしく伝統的なデザイン

イギリスのブランド生地は手作業で仕立てられているものが多く、オーダーメイドスーツは特に美しい仕上がりが期待できます。 

スーツの発祥国であるという伝統から、古くから大切にされてきたパターンやデザインを好む傾向にあり、縦長なシルエットに重量感を持たせたものが多くみられます。 

小さめの襟、高い位置のウエストラインと、胸元に厚みが出るような男らしいスタイル特徴。表の生地に個性的な色や柄は避けつつ、裏地で遊ぶオーダースーツも好まれています。 

 

耐久性のあるつくり

イギリスのメーカーの生地は丁寧に織られているものが多く、耐久性や堅牢性にすぐれています。 

シワができにくく、クラシックなデザインを長く維持できるようなデザインはビジネスシーンにもマッチします。 

 

イギリス式のスーツの着こなし 

イギリス式のスーツの着こなしについてもチェックしていきましょう。 

 

黒色は身につけない 

イギリス式のマナーとして、結婚式では新郎とその家族よりも目立たないように黒色のスーツは身につけず、チャコールグレーなどの落ち着いた色を選ぶのがマナーとなっています。 

イギリスでは黒の代わりにグレースーツが基本色として知られており、グレーのスーツに赤や青のネクタイを合わせるなど、アクセントとしてネクタイを取り入れるスタイルが人気。 

チャコールグレーのほかにも、ミディアムグレーやライトグレーなど種類豊富なグレースーツが揃っており、状況に応じた着回しが基本とされています。 

 

ドレスコードを意識する

イギリスの伝統として知られている三つ揃え(スリーピース)ですが、ビジネスシーンではベストを除いたツーピースが現在の主流。 

反対にフォーマルな場ではスリーピースの着用が常識的とされており、TPOに合わせてツーピースとスリーピースを使い分けている方が多くみられます。 

 

伝統とTPOを重んじたスタイル

イギリス紳士は伝統的なスタイリングを意識しながらも、スリーピースにこだわらずビジネスシーンではツーピース、重たい黒色を避けて種類豊富なグレースーツを着回すなど、可能な範囲でオシャレを楽しむスタイルをとっています。 

重厚感の中にも男らしさが光るブリティッシュスタイルは、上品に見せつつ派手にならない装いとなります。ぜひ普段のスーツスタイルに取り入れてみてはいかがでしょうか。