なぜスーツ姿がおやじっぽくなる?細かいパーツに原因あり

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > なぜスーツ姿がおやじっぽくなる?細かいパーツに原因あり

なぜスーツ姿がおやじっぽくなる?細かいパーツに原因あり

年齢を重ねるとスーツをスマートに着こなすのが難しくなっていきます。自分のスーツ姿を鏡で見たときにおやじっぽいと感じられる場合は何が原因かを模索した方がよいでしょう。ビジネスシーンで着用する場合は特にちゃんと着こなすことが大切です。多くのビジネスマンが間違ってしまう着こなしが原因でないか、今一度確認してみましょう。

サイズが大きすぎるのが原因

スーツ姿がおやじっぽくなる原因の根本はサイズが大きすぎるためです。おじさんやおじいさんと呼ばれる世代になるとどの洋服でもオーバーサイズを好むようになります。お尻の肉が落ちてきて圧迫感があるのを理由にぶかぶかのスラックスを履き、後ろ姿からおじさんやおじいさんと感じられるものです。ジャケットの肩の位置が腕側に下がる、ワイシャツの首回りがゆるゆるといった着こなしをしてしまうとおやじっぽいと思われも致し方ありません。

自分が楽であることを最重要とした場合にサイズを大きくした方がよいものの、人から見られた場合にどう思われるかについて考えないといけません。ビジネスマンの場合は年齢を重ねるほど自分の見た目に気を遣っているのかを見られている意識を持った方がよいでしょう。

自分にとってジャストサイズで仕立てることによっておやじっぽさはなくなります。既製スーツでは細かい微調整がしにくいため、オーダーすることを考えた方がよいでしょう。ビジネスシーンで着用する以上、自分の好みを最優先に考えるべきではありません。大きすぎても小さすぎても違和感のある着こなしになってしまいます。

販売員への相談の仕方について

ジャストサイズのスーツを仕立てるには販売員がいる専門店に足を運ぶのが確実です。専門店に足を運ぶときは今自分が着用しているものを着用していくのも大切です。そして販売員と相談をしたうえでどれにするかを決めていくことになるでしょう。オーダーする場合はジャストサイズに仕立てることについての心配はなくとも、既製品の場合は今あるものの中から選択することになります。

最も重要となるのは自分の体に合っているものを持ってきてもらうことです。それぞれの専門店によって形が異なり、素人目では適切な判断をするのは難しいものです。サイズがゆるくてもきつくてもジャストサイズに仕立てることができません。販売員はお客様の好みを会話で察し、ゆるめかきつめかの提案をします。本来よりもワンサイズ大きかったり小さかったりする理由となるため、販売員に適切な相談をしないといけません。

全体のシルエットのバランスを整える

サイズが大きすぎるのと同じく、全体のシルエットのバランスの悪さもおやじっぽさの原因です。一昔前にはダボっとしたスーツスタイルが流行となったものの、おやじっぽさが際立ってしまう理由となります。ジャストサイズだと同じものであってもスタイリッシュな仕上がりになるものです。

エレガントにカッコいい印象を相手に与えたい場合はスリーピースがよいでしょう。ベストを着用することでジャケットを脱いだときもスマートな着こなしが実現します。大人の男性としての色気のある着こなしの代表例といえます。

まとめ

スーツ姿がおやじっぽくなるのはサイズが大きすぎる、全体のシルエットのバランスが悪いと大きく2つの理由があります。ジャストサイズのスーツを仕立てることをまず意識した方がよいでしょう。販売員に相談するときにはとにかく最もサイズが合うものを持ってきてもらうようにしましょう。ビジネスシーンでスーツを着用する以上は自分の好みは二の次で、相手からどう映るかが最も重要です。自分でスーツ姿がオヤジっぽくなる原因をつくっていないかを今一度確認してみてください。