【初めてのオーダースーツ】基本となる流れと気になるQ&A

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 【初めてのオーダースーツ】基本となる流れと気になるQ&A

【初めてのオーダースーツ】基本となる流れと気になるQ&A

【初めてのオーダースーツ】基本となる流れと気になるQ&A

初めてオーダースーツを作る場合、基本となる流れを事前に把握しておけば失敗することは少なくなります。それぞれの段階で何に注視すれば分かるためです。さらに初めてオーダースーツを作る方が気になるQ&Aも参考にしてください。愛着の強い一着を作るのは難しそうに感じるものの、当たり前のことを当たり前に行っていけば望むべく結果となっていきます。

オーダースーツを作る一連の流れ

オーダースーツを作る流れとしては生地とデザインを決めて最後に採寸と進んでいきます。初めての場合は生地とデザインは雑誌を持っていくなどでどういった雰囲気に仕上げたいかを伝えられるようにしましょう。テーラーが予算内でどこまで同じように仕上げられるかを提案してくれます。もちろん同じ型紙ではなく体型が異なるからこそすべて同じに仕上げるのは難しいです。

テーラーと相談しながら進めていくうえで自分の好みや着用シーンを伝えられるように準備するのも大切です。お客様の要望を聞いたうえで適切な提案をするのがテーラーの仕事であっても、肝心となる情報量が乏しいとありきたりな提案しかできません。生地とデザインは仕上がりに大きな差が生まれる要素であり、どこまで妥協できるかも大切です。

初めてオーダースーツを作る場合はまずは失敗しないことを念頭に置いた方がよいでしょう。何度もオーダースーツを作っていくとサイズ感や好みの生地やデザインをより理解できるようになります。

採寸はスーツ着用が望ましい

オーダースーツはジャストサイズを実現できるのがセールスポイントです。シワやたるみができることも少なくなり、既製スーツよりも長持ちします。しかしプロのテーラーでも失敗することもあります。失敗する理由となるのはスーツ以外の洋服で採寸するためです。

Tシャツで採寸した場合はゆとり量と肩の雰囲気が合わせにくいです。動いていないときの感覚と動いているときの感覚は異なるものです。ライフスタイルも加味したうえでピッタリの感覚に近づけないとジャストサイズには仕上がりません。

パンツもGパンで採寸した場合は腰の位置が異なり、股上の深さが変わっていきます。カジュアルパンツは股上が浅いのが特徴でスーツの採寸には適していません。採寸のために見本のスーツを着用していくのが望ましく、よい採寸結果となる理由になります。

初めてオーダースーツを作るときに役立つQ&A

店舗によって違いはあるものの、多くの方が気になるQ&Aを参考にしてください。完成後のお直しはどの専門店でも受け入れているものの、大きな直しには対応できず追加料金がかかることもあります。お直しの期間は1週間を目安に考えておくのがよいでしょう。

生地やデザイン選びから採寸まで1時間~1時間半ほどの時間がかかります。拘りの強い一着を作る場合はさらに時間に余裕があるのが望ましいです。事前予約をせずとも専門店を利用はできるもののテーラーがほかのお客様の接客をしている場合もあります。できるだけ予約をして余計な時間をかけないようにするのが望ましいです。支払いのタイミングは前金と完成金に分かれており、利用しようと思う専門店がどちらであるかを確認しておいた方がよいでしょう。

まとめ

初めてオーダースーツを作る場合はすべてにおいて手探り状態からスタートします。スーツをオーダーする基本的な流れを把握し、そして注意点を留意しましょう。多くの方が気になるQ&Aも頭に入れておけば余計な心配をすることも少なくなるでしょう。愛着の強い一着を作るためにはテーラー任せにするのではなく、自分で準備をするのが肝心です。生地やデザイン選びや採寸と事前に準備をしておけば失敗することは少なくなります。