オーダースーツ初心者ガイド:基本の選び方とおすすめポイント

オーダースーツおすすめ完全網羅 比較ランキング50店 > コラム > オーダースーツ初心者ガイド:基本の選び方とおすすめポイント

オーダースーツ初心者ガイド:基本の選び方とおすすめポイント

 

オーダースーツは、個々の体型や好みに合わせて仕立てられる特別なスーツです。そのため、既製品では得られないフィット感やデザインの自由度を楽しむことができます。しかし、初めてオーダースーツを選ぶとなると、どこから始めて良いか悩む方も多いでしょう。そこで本ガイドでは、オーダースーツ初心者に向けて、基本的な選び方やおすすめのポイントをわかりやすく紹介します。あなたも自分だけの一着を手に入れて、自信とスタイルをアップさせましょう。

 

目次

1. オーダースーツの基本的な選び方

 

オーダースーツとは何か?おすすめポイント

オーダースーツとは、既製品とは異なり、個々の体型や好みに合わせて作られるスーツのことです。特に、ビジネスシーンでの印象を左右する重要なアイテムとして、多くの人々に支持されています。オーダースーツの最大のおすすめポイントは、フィット感です。自分の体型にぴったり合ったスーツは、見た目だけでなく、着心地も格段に向上します。また、自分だけのオリジナルデザインを楽しむことができるのも魅力です。

 

レディメイドとの違いとおすすめの理由

レディメイドスーツは既製品であり、サイズやデザインが限られています。一方、オーダースーツは個々の体型や好みに応じて作られるため、よりフィット感が高く、個性を表現することができます。オーダースーツは、以下の点でおすすめです。

 

フィット感の向上:

自分の体型に合わせて作られるため、肩幅やウエストなどがぴったりフィットします。

 

デザインの自由度:

生地やボタン、ステッチなどを自分好みにカスタマイズできます。

 

長持ちする:

高品質な素材と仕立てにより、長期間使用できる耐久性があります。

 

初心者にとってのオーダースーツのメリット

初めてオーダースーツを選ぶ方にとって、以下のメリットがあります:

 

プロのアドバイスが受けられる:

テーラーが採寸からデザイン選びまでサポートしてくれるため、初心者でも安心です。

 

スタイルアップが期待できる:

体型に合わせたスーツは、自然にスタイルを良く見せる効果があります。

 

自分だけの一着:

既製品では味わえない、特別感や満足感を得ることができます。

 

オーダースーツは一見高価に思えますが、その価値は十分にあります。フィット感、デザインの自由度、耐久性など、多くのメリットを享受できるため、初めての方にもぜひ挑戦していただきたいアイテムです。

 

2. 初心者におすすめのオーダースーツのスタイル

 

ビジネスシーンにおすすめのスーツスタイル

ビジネスシーンでのスーツは、第一印象を左右する重要なアイテムです。初心者には以下のスタイルがおすすめです。

 

クラシックフィット

伝統的なシルエットで、ゆったりとした着心地が特徴です。初めてのオーダースーツとしても失敗が少なく、どのような体型にもフィットしやすいです。

 

スリムフィット

よりモダンでシャープなシルエットが特徴。ビジネスシーンでもスマートに見えるため、若いビジネスマンに特に人気です。

 

カジュアルにも使えるおすすめデザイン

 

オーダースーツは、ビジネスシーンだけでなくカジュアルな場でも活躍します。以下のデザインがおすすめです。

 

  • ツーピーススーツ
    シンプルで汎用性が高く、ジャケットとパンツを別々に着ることも可能です。色や素材を選べば、カジュアルな場でも使えます。

  • チェック柄やストライプ柄
    少し遊び心を加えたデザインで、カジュアルなシーンでも着こなしやすいです。オーダーであれば、自分の好みに合わせた柄を選べます。

 

初心者向けおすすめカラーと生地

初めてオーダースーツを作る際には、以下のカラーと生地がおすすめです。

 

  • ネイビー
    ビジネスシーンでもカジュアルでも使いやすい万能カラー。初めてのオーダースーツには最適です。

  • グレー
    落ち着いた印象を与えるカラーで、ビジネスにもカジュアルにも適しています。特にライトグレーは春夏におすすめです。

  • ウール
    年間を通して使いやすい素材で、シワになりにくく、耐久性も高いです。初心者には特におすすめの生地です。

 

3. 体型に合わせたオーダースーツの選び方

身長や体型に応じたおすすめのスタイル

オーダースーツの最大の魅力は、体型にぴったり合わせられる点です。以下のポイントに注意して選びましょう。

 

  • 背が高い人
    ジャケットの丈を少し長めにするとバランスが取れます。また、細身のパンツがおすすめです。

  • 背が低い人
    ジャケットの丈を短めにして、パンツも細身にすることで、全体のバランスが良くなり、身長が高く見えます。

  • 太めの体型
    クラシックフィットのスーツが良いでしょう。ゆったりとしたシルエットで体型をカバーできます。また、ダークカラーのスーツがおすすめです。

パーソナルトレーナーがすすめるスーツ

パーソナルトレーナーやファッションアドバイザーに相談することで、自分に最も適したスーツスタイルを見つけることができます。彼らは以下の点でアドバイスをしてくれます。

 

  • 体型に合ったシルエット
    自分の体型に最もフィットするシルエットを選び、スタイルアップを図ります。

  • カラーコーディネート
    肌の色や髪の色に合わせて、最適なスーツのカラーを提案してくれます。

  • アクセサリーの選び方
    ネクタイやポケットチーフなどの小物も、全体のコーディネートに合わせて選ぶアドバイスをもらえます。

体型に合ったオーダースーツを選ぶことで、見た目の印象が大きく変わります。プロのアドバイスを活用し、自分にぴったりのスーツを見つけましょう。

 

4. オーダースーツの生地選びのおすすめポイント

季節ごとのおすすめ生地

オーダースーツを選ぶ際には、季節に応じた生地選びが重要です。以下のポイントを参考にしましょう。

  • 春・夏
    軽くて通気性の良いリネンやシアサッカーが適しています。また、薄手のウールもおすすめです。これらの生地は涼しく快適な着心地を提供します。

    【2024年 春夏おすすめスーツ紹介!!】#shorts


  • 秋・冬
    暖かさを重視するなら、ウールフランネルやカシミアが最適です。これらの生地は保温性が高く、寒い季節でも快適に過ごせます。

 

高品質な生地のおすすめポイント

高品質な生地を選ぶことで、スーツの見た目や着心地が格段に向上します。以下の特徴を持つ生地がおすすめです。

 

  • スーパーウール
    スーパー100’s以上のウールは非常に細かく滑らかで、柔らかい手触りと高級感があります。耐久性も高く、長持ちします。

  • イタリアンファブリック
    イタリア製の生地はその品質とデザイン性で有名です。特にエルメネジルド・ゼニアやロロ・ピアーナなどのブランドは信頼できます。

  • 英国製生地
    英国製のツイードやウーステッドウールは、伝統的で上品な印象を与えます。ビジネスシーンでも高評価を得られるでしょう。

     

生地のメンテナンス方法とおすすめアイテム

オーダースーツを長持ちさせるためには、適切なメンテナンスが必要です。以下の方法とアイテムを活用しましょう。

 

  • ブラッシング
    着用後にブラシでホコリや汚れを取り除くことで、生地の劣化を防ぎます。天然毛のブラシがおすすめです。

 
 
 これ知ってれば超上級者!洋服ブラシの使い方#shorts

  • スチームアイロン
    スーツのシワを取るためにスチームアイロンを使用しましょう。高温のアイロンは避け、適度な温度でスチームをかけると生地が傷みにくいです。

  • 適切な保管
    スーツは通気性のあるカバーに入れ、直射日光や湿気を避けて保管しましょう。木製のハンガーを使用すると形崩れを防げます。

 

5. オーダースーツのフィッティングの方法

 

正しい採寸の方法

オーダースーツのフィッティングを完璧にするためには、正確な採寸が欠かせません。以下の方法を参考にしましょう。

  • プロのテーラーに依頼する
    自分で採寸するのは難しいため、プロのテーラーに依頼するのが最も確実です。彼らは経験豊富で、ミリ単位の正確な採寸を行います。


  • セルフメジャーメントキットを使用する
    自宅で採寸する場合は、セルフメジャーメントキットを使用すると便利です。正確な手順を守り、複数回計測して平均値を出しましょう。

 

フィッティングのチェックポイント

オーダースーツのフィッティングを確認する際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 肩のライン
    ジャケットの肩のラインが自然にフィットしているか確認します。肩が突き出たり、余分なシワが入っていないことが重要です。

  • ウエストのフィット感
    ウエスト部分が適度に絞られているかをチェックします。座った時に窮屈にならず、立った時にスリムに見えるラインが理想です。

  • 袖丈とパンツ丈
    袖丈はシャツのカフスが少し見える程度、パンツ丈はシューズの上に軽く触れるくらいがバランスの良い長さです。

 

プロのテーラーのアドバイスを受けるのがおすすめ

プロのテーラーからのアドバイスを活用することで、より完璧なオーダースーツを手に入れることができます。以下の点で相談すると良いでしょう。

  • スタイルの選び方
    自分の体型や用途に合わせたスタイルを提案してもらえます。ビジネスシーンやカジュアルな場面での最適な選択をサポートしてくれます。

  • 素材と色のコーディネート
    生地の種類や色の組み合わせについて専門的なアドバイスを受けることで、より洗練されたスーツを作ることができます。

  • 小物の活用法
    ネクタイやポケットチーフ、カフスボタンなどの小物の選び方や使い方についてもアドバイスを受けると、全体のコーディネートが完成します。

フィッティングにおいては細部までこだわり、プロのアドバイスを活用することで、最高のオーダースーツを手に入れることができます。

 

6. オーダースーツのデザインオプション

ラペルやボタンの選び方

オーダースーツのデザインには、ラペルやボタンといった細部の選択が重要です。以下のおすすめポイントを参考にしてください。

 

  • ラペルの選び方
    スーツの襟の形状には様々な種類がありますが、主に「ピークドラペル」と「ノッチドラペル」の二つが一般的です。

    ・ピークドラペル

    Attractive businessman standing in a blue suit and tie, wearing glasses. White background.

    ピークドラペルは、襟の先端が鋭角に上向きに尖っているデザインが特徴です。このスタイルはフォーマルな場面に適しており、特にタキシードやダブルブレストスーツに多く見られます。そのシャープで力強い形状から、堂々とした印象を与えることができるため、ビジネスシーンやフォーマルなパーティに好んで選ばれます。

    ・ノッチドラペル

    一方、ノッチドラペルは襟の先端がV字型にくぼんでいる形状をしています。このタイプの襟は、ビジネススーツやよりカジュアルなスーツに広く採用されています。ノッチドラペルはその汎用性の高さから、さまざまな場面で活躍することができ、幅広いスタイルにマッチするため多くの人に愛されています。

    ピークドラペルはフォーマルな印象を与え、ビジネスシーンや結婚式などに適しています。一方、ノッチドラペルはよりカジュアルで多用途に使えます。ラペル幅も細めにすると現代的な印象を与えます。

  • ボタンの選び方
    シングルブレストは汎用性が高く、ビジネスにもカジュアルにも使えます。ダブルブレストはよりフォーマルでクラシックな印象を与えます。ボタンの数もデザインの一部として考慮しましょう。

裏地やステッチのカスタマイズ

オーダースーツでは、裏地やステッチ(縫い目)のデザインも自由に選べるため、自分の個性を表現できます。以下のポイントを参考にしてください。

 

  • 裏地の選び方
    裏地の色や柄はスーツ全体の印象を大きく左右します。大胆な色や柄を選ぶことで、スーツを脱いだ時に個性をアピールできます。また、シルクやキュプラなどの高品質な素材を選ぶと、着心地も向上します。

  • ステッチのカスタマイズ
    ハンドステッチやカラーステッチを取り入れると、スーツに独自のアクセントを加えることができます。特にラペルやポケットのステッチは目立つ部分なので、こだわりを持って選びましょう。

個性を引き立てるデザイン要素

オーダースーツならではの個性を引き立てるデザイン要素を取り入れることで、唯一無二のスーツを作り上げることができます。

  • モノグラム刺繍
    ジャケットの内側に名前やイニシャルを刺繍することで、オリジナリティを強調できます。

  • ベント(背中のスリット)の選び方
    背中の左右にスリットが入ったサイドベンツは動きやすさを提供し、背中の中央に一つのスリットが入ったセンターベントはクラシックな印象を与えます。自分の動きやすさやスタイルに合わせて選びましょう。

     

ポケットのデザイン

 

パッチポケットはカジュアルな印象を与え、フラップポケットはフォーマルな印象を与えます。用途や好みに応じて選びましょう。

7. オーダースーツの価格帯とおすすめの予算設定

初心者におすすめの価格帯

初めてオーダースーツを作る際には、無理のない価格帯から始めるのがおすすめです。以下のポイントを参考にしてください。

  • エントリーレベル
    初めての方には、5万円から10万円程度の価格帯がおすすめです。この価格帯でも十分な品質とフィット感が得られます。

  • ミドルレンジ
    10万円から20万円の価格帯は、さらに高品質な生地や細部のカスタマイズが可能になります。ビジネスシーンで頻繁に使用する方にはこの価格帯が適しています。

高級スーツと手頃なスーツのおすすめポイント

価格帯によって、得られるスーツの品質やデザインが異なります。以下のポイントを参考にして、自分に合ったスーツを選びましょう。

  • 高級スーツ
    20万円以上のスーツは、最高級の生地や職人による手縫いの技術が用いられ、完璧なフィット感と耐久性を提供します。特別なイベントや重要なビジネスシーンで活躍します。

  • 手頃なスーツ
    エントリーレベルのスーツでも、適切な採寸と生地選びで十分なフィット感とスタイルを実現できます。予算を抑えつつも、初めてのオーダースーツとして満足できる仕上がりになります。

コストパフォーマンスの良い選び方

オーダースーツを選ぶ際には、コストパフォーマンスも重要な要素です。以下のポイントを参考にしましょう。

  • シーズンオフのセールを活用
    シーズンオフにはセールが行われることが多く、通常よりもお得にオーダースーツを注文できます。

  • 複数枚購入の割引を利用
    同じテーラーで複数枚のスーツを注文することで、割引を受けられる場合があります。ビジネス用とカジュアル用に2着作るなど、長期的に見てお得です。

  • 長期的な視点で投資
    品質の高いスーツは長持ちするため、多少高額でも長期的に見ればコストパフォーマンスが高いです。頻繁に着る機会がある場合は、多少の追加投資も検討しましょう。

オーダースーツの価格帯と予算設定を適切に行うことで、満足度の高い一着を手に入れることができます。自分の用途やスタイルに合わせて、最適な選択をしましょう。

8. オーダースーツの注文プロセスのステップ

注文から納品までの流れ

オーダースーツの注文プロセスをスムーズに進めるためには、以下のステップを押さえておくと良いでしょう:

  1. 1. カウンセリングとデザイン選定
    まず、テーラーと相談し、自分のスタイルや好みを伝えます。デザイン、カラー、生地などを選びます。

  2. 2. 採寸
    テーラーが正確に体の各部を測定し、最適なフィットを追求します。

  3. 3. 仮縫い(フィッティング)
    仮縫いを行い、実際に試着して微調整を行います。このステップで細かい修正が行われます。

  4. 4. 最終仕上げ
    仮縫いの結果を基に最終的な縫製が行われ、スーツが完成します。

  5. 5. 納品と最終チェック
    完成したスーツを試着し、最終チェックを行います。必要に応じて、さらに微調整を行います。

仮縫いのあるなしとその違い

オーダースーツの注文プロセスには、仮縫いがある場合とない場合があります。

仮縫いを行えば、完成前にスーツを試着し、フィット感やデザインの微調整が可能です。特に体型に合わせた細かい修正ができるため、完成度の高いスーツを手に入れられます。店舗によってはオプション扱いで仮縫いの費用が別途追加される場合があります。

仮縫いがない場合は、最初の採寸のみでスーツが仕立てられるため、細かいフィッティングの調整が難しくなることがあります。

スケジュールの確認ポイント

オーダースーツの注文には一定の時間がかかるため、スケジュールをしっかりと確認することが大切です。以下のポイントを押さえましょう。

  • 注文から納品までの期間
    一般的に、オーダースーツの完成までには4~6週間かかります。特に急ぎの場合は、事前にテーラーに相談しておきましょう。

  • フィッティングのスケジュール
    仮縫いやフィッティングの予定を事前に確認し、都合の良い日時を設定します。仕事や他の予定との調整が必要です。

  • イベント前の余裕を持った注文
    特定のイベントや行事で着用する場合は、最低でも2ヶ月前には注文することをおすすめします。余裕を持つことで、万が一のトラブルにも対応できます。

トラブルを避けるための対策

オーダースーツの注文プロセスでトラブルを避けるためには、以下の対策が有効です。

  • 信頼できるテーラーを選ぶ
    口コミやレビューを参考に、信頼できるテーラーを選びましょう。過去の実績や評判を確認することが大切です。

  • コミュニケーションを密にする
    テーラーとのコミュニケーションをしっかりと行い、要望や疑問点を明確に伝えます。細かい部分まで確認することで、ミスを防ぐことができます。

  • 契約書の確認
    注文内容や納期、価格などを明記した契約書をしっかりと確認し、納得した上で注文を進めましょう。

 

9. ネクタイや小物とのおすすめコーディネート

 

スーツに合うおすすめネクタイの選び方

スーツに合うネクタイを選ぶことで、全体の印象が引き締まります。以下のポイントを参考にしてください。

  • カラーコーディネート
    スーツの色に合わせて、ネクタイの色を選びます。ネイビースーツには赤や黄色のネクタイが、グレースーツにはブルーやシルバーのネクタイが合います。

  • 柄の選び方
    無地のスーツには柄物のネクタイを、柄物のスーツには無地や控えめな柄のネクタイを合わせるとバランスが取れます。ストライプやドット、チェックなど、用途に応じた柄を選びましょう。

  • 素材の選び方
    シルクのネクタイはフォーマルな場面に最適で、ウールやコットンのネクタイはカジュアルなシーンに向いています。季節に応じて素材を選ぶことも大切です。

 

ポケットチーフやカフスボタンのおすすめ活用方法

ポケットチーフやカフスボタンなどの小物を取り入れることで、スーツスタイルが一層際立ちます。以下のポイントを参考にしましょう。

  • ポケットチーフの選び方
    ネクタイと同じ色調や柄を選ぶことで統一感を出せます。また、ネクタイと異なる色や柄を選んでアクセントにするのも良いでしょう。フォーマルな場では白のリネンチーフが定番です。

  • カフスボタンの活用
    カフスボタンはシャツの袖に取り付け、スーツスタイルを引き立てます。シルバーやゴールドのシンプルなデザインから、個性的なデザインまで、シーンに応じて選びましょう。

  • タイバーやラペルピン
    ネクタイを固定するタイバーや、ジャケットのラペルに付けるピンもおしゃれなアイテムです。ビジネスシーンではシンプルなデザイン、カジュアルなシーンでは少し遊び心のあるデザインを選ぶと良いでしょう。

【プロの技】プロが教える!一瞬で変わるチーフの挿し方#shorts

 

トータルコーディネートのおすすめポイント

スーツ、ネクタイ、小物をバランスよくコーディネートすることで、洗練された印象を与えます。以下のポイントを参考にしてください。

 

  • 全体のバランスを考える
    スーツ、シャツ、ネクタイ、小物の色や柄のバランスを考え、全体が調和するようにコーディネートします。あまり派手すぎないように注意しましょう。

  • 季節感を取り入れる
    季節に応じた素材や色を選ぶことで、季節感を演出できます。例えば、夏には明るい色や軽い素材、冬には深い色や暖かい素材を選びましょう。

  • 自分らしさを表現する
    自分の好みやスタイルを反映させることで、個性をアピールできます。オーダースーツならではのデザインオプションを活用して、自分だけのコーディネートを楽しみましょう。

これらのポイントを押さえて、ネクタイや小物を効果的にコーディネートすることで、オーダースーツの魅力を最大限に引き出すことができます。

10. オーダースーツ選びで失敗しないためのおすすめ注意点

よくある失敗例とそのおすすめ対策

オーダースーツを選ぶ際には、よくある失敗を避けることが重要です。以下の失敗例とその対策を参考にしましょう。

  • 失敗例1:採寸ミス
    体型に合わないスーツができることがあります。対策として、信頼できるプロのテーラーに採寸を依頼し、正確なサイズを測ってもらうことが大切です。

  • 失敗例2:生地選びのミス
    季節に合わない生地を選んでしまうことがあります。季節や用途に応じた生地選びをするために、テーラーのアドバイスを参考にしましょう。

  • 失敗例3:過剰なデザイン選択
    個性的すぎるデザインを選んでしまい、ビジネスシーンで浮いてしまうことがあります。シンプルでクラシックなデザインを基本に、適度なカスタマイズを心がけましょう。

 

購入前に確認すべきおすすめポイント

オーダースーツを購入する前に、以下のポイントを確認することで失敗を防ぎます。

 

  • テーラーの評判
    口コミやレビューを調べ、信頼できるテーラーを選びましょう。過去の実績や顧客の声を参考にすることが大切です。

  • 納期
    注文から納品までの期間を確認し、予定に余裕を持って注文しましょう。特にイベントや行事で使用する場合は、2ヶ月以上の余裕を持つと安心です。

  • 契約内容
    注文内容や価格、納期を明記した契約書をしっかりと確認し、不明点があればテーラーに質問して解決しておきましょう。

 

オーダースーツ選びの成功事例

成功したオーダースーツ選びの事例を参考に、自分の選択に活かしましょう。以下の成功事例を参考にしてください。

  • 事例1:ビジネススーツの選び方
    某ビジネスマンは、信頼できるテーラーでクラシックなネイビースーツをオーダー。プロのアドバイスを受け、シンプルなデザインにすることで、どのビジネスシーンでも使える万能スーツが完成しました。

  • 事例2:結婚式用スーツの選び方
    結婚式用に特別なスーツをオーダーした某新郎は、テーラーのおすすめで高品質なウールシルク混紡の生地を選びました。仮縫いを行い、完璧なフィッティングを実現。特別な日の思い出に残る一着となりました。

  • 事例3:カジュアルスーツの選び方
    某カジュアルファッション愛好家は、カジュアルにも使えるツーピーススーツをオーダー。リネン素材を選び、軽やかな着心地とスタイリッシュなデザインを実現しました。休日の外出やカジュアルなパーティーでも大活躍しています。

オーダースーツ選びで失敗しないためには、信頼できるテーラーを選び、プロのアドバイスを参考にしながら、自分のスタイルや用途に合った一着を作り上げることが重要です。これらのポイントを押さえて、自分だけのオーダースーツを楽しんでください。

 

まとめ

オーダースーツはただの衣服ではなく、自己表現の一形態です。あなたの体型、好み、そしてライフスタイルに完璧にマッチするスーツを持つことは、特別な自信と満足感を与えてくれます。このガイドが、オーダースーツの選び方やフィッティング、デザインの自由度を理解するお手伝いとなったなら幸いです。ぜひ、自分だけの特別なスーツを仕立てて、毎日をもっと鮮やかに彩りましょう。

口コミ投稿フォーム

PAGE
-TOP
口コミNo1を見る