価格は安いのにオーダースーツの品質を落とさない方法

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 価格は安いのにオーダースーツの品質を落とさない方法

価格は安いのにオーダースーツの品質を落とさない方法

価格は安いのにオーダースーツの品質を落とさない方法

オーダースーツは「価格が高いから高品質」というわけではなく、低価格で高品質商品を販売する専門店は少なくありません。
そのための企業努力も様々です。一例を挙げるとK-51インターナショナルは「完全予約制」「無店舗販売」「出張サービス」によって余計なコストを抑えて、お客様の利便性を図っています。
高品質のオーダースーツを選ぶためのポイントを知って、低価格でこだわりの一着を手に入れましょう。

オーダースーツの種類と価格

オーダースーツの価格は、材料費やブランドの他に、その品にどれだけ職人の手が加わるかによって決定します。
そのため「パターンオーダー」「イージーオーダー」「フルオーダー」の3種の中では、既製品に最も近い形式のパターンオーダーの価格が安くなります。
相場はパターンオーダーが2万円前後から、イージーオーダーが5万円前後から、フルオーダーが大体20万円以上となります。
もちろんブランドや販売店によっても異なりますが、価格で妥協する際には生地などの品質を下げたくなければ、フルオーダーをイージーオーダーにするなどスーツの種類を変更するのも1つの手です。

高品質のオーダースーツを見分けるポイント

品質の高いオーダースーツ専門店を見分けるには、次のようなポイントを意識しましょう。

スーツ全体の柄合わせができていること

1つ目はスーツ全体の柄合わせが出来ていることです。
肩の縫い目などスーツの細かい部分まで柄がキレイに揃っていれば、丁寧な仕事が為されている証拠です。

上衿裏側に「ヒゲ」があること

2つ目が上衿の裏側に「ヒゲ」があるかどうかです。
この場合の「ヒゲ」とは「生地を折り返した縫い付け」のことを指します。

芯地に毛芯を使用していること

3つ目がスーツの型崩れを防ぐ芯地に接着芯では無く毛芯を使用していることです。
毛芯は接着芯よりも高価ですが、立体的なフォルムを作り出せ、スーツの型崩れを防ぐ効果が高いとされています。

生地の種類が豊富であること

生地の種類が豊富であることも欠かせません。
オーダースーツの要となる部分なので、生地の色・柄・素材など、選択肢が豊富であることに着目して選びましょう。

サイズお直しの無料期間が設けられていること

サイズのお直し期間が設けられていることも、高品質の専門店選びで確認したいポイントです。
せっかく作ったオーダースーツも、着心地が悪ければ着用頻度が減ってしまいます。
サイズお直しのための無料期間が設けられていれば、期間中に着心地良くお直ししてもらえるでしょう。

オーダースーツの品質を落とさない方法

作ったオーダースーツの品質を落とさないためには、次のような方法を実践してください。

実用性・特性を重視して生地を選ぶ

オーダースーツの生地選びは、実用性と特性を重視して選ぶようにしましょう。
もちろん、生地の価格や見た目も大切でしょうが、品質を落とさず、長く着用するためには、耐久性や抗シワ力、ストレッチ性などをいちばんに考えることが大切。
生地の特性を把握して、実用的な生地を選ぶことをおすすめします。

サイズ選びは修正箇所が少ないほうを選ぶ

オーダースーツのサイズ選びに迷ったら、修正箇所が少ないほうを選ぶことが基本です。
サイズ早見表に当てはめてみると、サイズとサイズの中間に位置する体型の方は少なくありません。
どちらのサイズを選ぶべきか迷いどころですが、修正箇所が少ないほうを選んだほうが、スーツ全体のバランスを維持できます。

トレンド要素が強すぎないものを選ぶ

長く着用することになるオーダースーツは、トレンド要素の強すぎない形を選びましょう。
当然のことながら、トレンドは年々生まれ変わります。
トレンド要素の強いオーダースーツを作ると、数年後に「古い」という印象が出てきてしまい、お蔵入りになると考えられるでしょう。

初心者にお勧めのオーダースーツの種類

オーダースーツには「パターンオーダー」「イージーオーダー」「フルオーダー」3つの種類があります。オーダースーツの初心者は、まずはイージーオーダーかパターンオーダーから試してみると良いでしょう。
特にマシンメイドで作業することによって価格を抑えているのにも関わらず、デザイン補正や体型補正をシッカリしてくれるイージーオーダーに関しては、販売店の工夫と努力でかなりの低価格で提供できるようになっています。

オーダースーツは価格ではなく品質で選んで!

オーダースーツを作るときは、価格を重視するのではなく、高品質のスーツを提供する専門店で依頼することをおすすめします。
価格が高いから品質が良いというわけではありません。
低価格であっても、今回ご紹介したような「高品質オーダースーツ」の条件を満たすスーツも販売されています。
オーダースーツ作りに挑戦するなら、品質の高さを見極めるポイントを知ってから専門店を選びましょう。