オーダースーツの失敗談!後悔しない注文方法とは

オーダースーツ完全網羅 おすすめ比較ランキング50店 1121人の辛口調査結果公開 > コラム > オーダースーツの失敗談!後悔しない注文方法とは

オーダースーツの失敗談!後悔しない注文方法とは

オーダースーツを作るときは、誰しも「自分に合ったものを作りたい」と考えますよね。
しかし、初めてのスーツをオーダーする場合、思い通りにいかないことも多いようです。
今回は、オーダースーツで失敗してしまった方の体験談をご紹介いたします。
オーダースーツの失敗談を学び、同じことにならないよう、参考にしてください。

 

 

オーダースーツでありがちな失敗談

オーダースーツは、既製品とは違って自分の体型に合ったものなので、失敗とは無縁だと考える方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、意外とスーツのオーダーで失敗してしまう方は多くいます。
ここからは、オーダースーツの注文でよくある失敗談をご紹介します。
失敗談から学び、よりよいオーダースーツを仕立てるために生かしていきましょう。

 

 

オプション料金が予想外に高くなってしまう

生地だけでなく、裏地やボタンなど、細部まで自分好みのものを選べるのが、オーダースーツの魅力です。
しかし、有料のオプションが積み重なって、予想外に金額が上がってしまうことは、よくある失敗談です。
よって、スーツをオーダーする際は、裏地やボタンといった細部のカスタマイズの金額がわかりやすいお店を選ぶのが、失敗しないポイントです。
また、オーダースーツには「パターンオーダー」「イージーオーダー」「フルオーダー」の3つが存在します。
それぞれ同じオーダースーツとはいえ、仕上がりは大きく異なります。
安さ重視で選ぶ場合であれば、パターンオーダーかイージーオーダーが最適です。
しかし、どんなに安いオーダーでも、オプションを思いのままに付けすぎてしまうと、当然料金は高くなってしまうため、注意が必要です。

 

 

納品までに長い期間がかかる

オーダースーツは、個人の身体のサイズを測ってから作成されます。
よって、どうしても納品までに時間がかかってしまいます。
一般的には、おおよそ1か月ほどの納期が多いです。
「急な予定が入って、スーツが必要になった」という場合は、予定から逆算をしてオーダーするようにしましょう。
パターンオーダーでも、納期は早くて3週間ほどかかります。
フルオーダーともなると4週間以上かかってしまうため、早めに注文しないと、着用したい日に間に合わない可能性もあります。
あくまで目安ですが、完成するまでには大体1ヶ月はかかると考えておいたほうが安心です。
早めにスーツが必要な場合は、オーダースーツの納期はデメリットになるため、急遽スーツが必要なときには、既製品をおすすめします。

 

 

デザインに満足できなかった

オーダースーツにもかかわらず、デザインに満足できなかったという失敗談もあります。
特に、パターンオーダーやイージーオーダーは、失敗しやすい傾向にあります。
具体的には、「思ったより派手だった」「細身に作りすぎた」といった後悔の声が聞かれます。オーダーはイメージしにくい部分もありますので、実際に店舗に飾られているスーツを見て、理想のスーツイメージを固めておきましょう。
そして、スタッフの方と細かい箇所までしっかりと相談をしてから仕立ててもらうと、失敗が少なくなります。

 

 

試着を入念には行わなかった

オーダースーツに多い失敗談として、完成時に試着をしっかりしなかったことが挙げられます。
いざ完成したスーツを着用してみたら、「何となく違和感がある」「サイズがきつい」と感じてしまうケースもあります。
その結果、仕上がった後に後悔してしまったという声があるのです。
このような失敗を防ぐためには、試着を慎重に行うことがとても大切です。
自分が頼んだオーダースーツが完成したときは、誰しも嬉しいものです。
完成品を前にすると、気持ちが高まってしてしまうかもしれませんが、まずは落ち着いてフィッティングをしましょう。
以下の点が、試着時にチェックしておくべき項目です。

肩にフィットしているか
腕を曲げ伸ばしした際、突っ張っていないか
膝を曲げたり、しゃがんだりしたときに、窮屈感がないか
背中に不自然なシワが寄っていないか
ジャケットのボタンを留めたとき、握りこぶしが入るくらいの余裕があるか

このように、スーツを試着するときのポイントはたくさんあります。
簡単に袖を通すだけでなく、このようなポイントもおさえながら、慎重に試着をしておきましょう。

 

 

採寸したときと体型が変わってしまった

オーダースーツでありがちな失敗なのが、「採寸したときと、体型が変わった」というものです。
採寸したときにはジャストサイズでも、いざ購入したら太ってしまっていて、スーツが入らなくなっていたこともあります。
逆に、ダイエットに成功して痩せたため、ブカブカになってしまったという失敗もあります。このような失敗を防ぐために、スーツは自分のベストな体型でオーダーするようにしましょう。
太ったり痩せたりすると、どうしてもサイズは変わってしまいます。
そして、スーツのお直しは、費用が余計にかかってしまいます。
サイズに関しての対策としては、自分のベストな体型に合わせて、オーダーをすることです。
まず、太っている場合には目標体重を決めておき、しっかりダイエットに励みましょう。
スーツの採寸は、体型維持ができているうちに臨んでください。
体型管理をしっかりすることで、長く愛用できるスーツが手に入りますよ。

 

 

スーツのオーダーで失敗しないポイント

オーダースーツは、意外と失敗するケースは少なくありません。
よって、事前に失敗しないポイントを知っておくと安心です。
ここからは、スーツのオーダーで失敗しないためのコツをご紹介いたします。

 

 

オーダースーツを作る目的を明確にしておく

オーダースーツを作る前には、その目的を明確にしておきましょう。
いつ、どこで、何のためにスーツを着用するのか定まっていないと、理想通りのスーツは作れません。
普段のビジネスシーンで着る方もいれば、結婚式の参列、イベントなど、目的は人によって異なります。
自分に最適なスーツを作るためにも、目的を明確にしておき、しっかりお店側に伝えることが重要です。
店舗スタッフがお客様の目的を分かっているかいないかで、完成度や満足度に大きな差が出ます。
オーダースーツの依頼者とスタッフとが、同じ目的に向かってスーツを作り上げられると、希望に合ったスーツが仕上がりやすくなります。

 

 

サイズを合わせる

オーダースーツにとって、サイズが合うことはとても重要です。
パターンオーダーや、イージーオーダーで注文する場合には、特にしっかりと自身の身体にサイズを合わせましょう。
オーダースーツを作るうえで、採寸は大切な工程です。
ジャストサイズのシャツか、体のラインが分かる薄手のタイプものを着て、採寸に挑みましょう。
お店のスタッフが丁寧に採寸をしてくれるはずですが、さらに体型に合ったシャツを着ていることで、よりサイズ面の失敗を防ぐことができます。
また、「自分のジャストサイズが分からない」という場合には、その不安をお店側に伝えておくといいですね。
少しでも気になる部分があれば、正直に伝えて、調整をしてもらうようにすると良いでしょう。

 

 

生地は慎重に選ぶ

オーダースーツでは、生地選びは慎重に行うようにしましょう。
生地は、大きくなるほど明るく見えやすいため、見本のような小さい生地と、実際の大きさのスーツでは、イメージと完成品にギャップがあることが多いです。
もし、生地選びを適当に行ってしまうと、「思ったより派手だった」「イメージより明るすぎた」といった失敗を招いてしまうこともあります。
よって、生地選びは小さな見本だけではなく、展示されている実際の服地を肩にかけるなどして、具体的なイメージを掴めるまで確認をしておきましょう。

 

 

事前に予算を伝える

オーダースーツを依頼するときには、価格に注意しましょう。
自分の予算に合ったお店を選ぶことは大切です。
たとえパターンオーダーでも、計算なしにオプションを付けすぎると高額になります。
オーダースーツは、最初にカウンセリングの時間を設けてから、生地選びや採寸へと移っていきます。
この最初のカウンセリングのときに、予算を忘れず伝えておきましょう。
あらかじめ、予算を共有できていれば、お店側からの提案も予算に沿ったものとなるため、スーツ完成したときに、予算を大幅に超えていたということはほとんど起きません。
カウンセリングのときに、予算を聞いてくれるお店も多いですが、もし聞かれなかった場合は、自分からしっかりと伝えるようにしましょう。

 

 

気になることがあれば遠慮なく相談しよう

細心の注意を払ってスーツを仕立ててもらっても、完成品に納得できないということは、実はよくあります。
そのようなときは「正直な気持ちを伝えるのは、クレーマーみたいで気まずい」と遠慮をしないで、その場でしっかりとスタッフに相談をしましょう。
失敗することがあっても、冷静に対処していけば、自分の理想となる一着を仕立てられるようになります。
スタッフに気を使い過ぎず、丁寧に自分の感想を伝えて、オーダースーツ作りを楽しんでください。

 

 

後悔のないオーダースーツを手に入れよう

今回は、オーダースーツ作りで失敗してしまった体験談をもとに、オーダースーツで後悔につながりやすいポイントをご紹介しました。
オーダースーツを作り始めてみると「もう既製品のスーツには戻れない」と喜んでいる方は多いようです。
しかし、特に初めてオーダースーツを依頼する場合は、なかなか思った通りにいかないこともあります。
納得のいくオーダースーツを手に入れるためにも、細部までしっかりと確認しながら、完成させていきましょう。

まとめ

口コミ投稿フォーム

PAGE
-TOP
口コミNo1を見る